猫額に風~~

風に吹かれて ふわふわり~ 花と日々の楽しみ綴ります

ごめんねだよ

書きかけのところで、今朝 NHKの番組 あさイチで 
家庭での温暖化対策について教えてくれたよ。
家庭でも CO2の4割削減の努力を求められているそう・・ 
節水シャワーヘッドやコンセント抜き等の他に 嬉しかったのは、
岐阜の多治見で 海洋プラスチックゴミを拾って、アクセサリーを
作っている取り組み
だよ。 海洋動物を苦しめるだけでなく
プカプカ浮きながら CO2も排出しているというプラスチックゴミ

山や川や 海も、自然界で分解の出来ないプラゴミだらけ・・
ヒト以外の生き物さん 迷惑かけて ごめんねだよ 


IMG_7297_convert_20200120140909.jpg


こんにちは ねこ眠り です。



一面に 白い結晶を散りばめ輝く・・ 霜日和は 殆ど訪れず

天から降りる 雪のかけらが 羽毛のようにフワフワと・・ 
空いっぱいに舞い降りて 全てが真っ白になる初雪・・も降らず


田んぼに残る ひこばえは うっすらと緑の葉色を残したまま・・ 
傍らには ピンクの蓮華の花さえ咲いているんだ

きっと これから 寒波は来るけれど・・  おぉ・・ 暖かいんだ


 IMG_7312_convert_20200120140935.jpg


耳を澄ますせば  遥か遥か遠く・・ 海を越えて その彼方

北極海から ガッツンガッツンと崩れた棚氷の ぶつかり合う音が・・

お腹を空かし飢えて彷徨う 北極クマたちは どんなに辛いだろうか


氷の大陸、南極氷床も海氷も ミシミシと崩壊し融けているという・・ 

安住の地を失い コロニーのペンギンたちも 泣きたい気分だろう


おぉ ・・ 何年も前から何度も、 何回も見聞きしていたことなのに 
「可哀想だけど どうしようもない・・」 って やり過ごしていたよ 


 IMG_7334_convert_20200120141011.jpg


ここら辺りの暖冬が イコール 温暖化ではないとしても
子供の頃の厳冬を思い起こせば 気候の変化は確かだと・・

そして 多々な便利な生活や エアコンの吐き出す熱など
その原因は 新聞や報道etcで教えてくれる通り 人間なのだと・・ 


地球を守る ペンギンたちを助ける  人類も助かる ・・

何が出来るのかなぁ・・ やっと そんなこと 切実に思うんだ


 IMG_7345_convert_20200120141319.jpg


ねこ眠りのすることなぞ 寝室に置いているサンスベリアや
浮遊する植物プランクトンにしたら 全くの役立たずだけれど 
 

エコライフを心がけて 無駄に電気や資源を使わない 
シンプルライフでゴミも減らして 歩いて行ける所は歩くぞ~ 
消費は 温暖化ストップ協賛企業や推進自治体に協力するぞ~ 

素敵なブロ友さんたちのように 一生ものを大切にするぞ~
貴重な食糧を粗末にできない。美味しく家庭食品ロスをなくすよ
マイ箸・ボトル・袋はバッチリだよ 布製品の再利用も面白いんだ


もっと 色々と あるのだろう・・ 
楽しみながら 毎日ちょっとずつでも 心がけているよ

 
 IMG_7318_convert_20200120140956.jpg
 
 

生産・消費による経済の繁栄、 国益、  国家間経済格差 
国民総所得 ・・ 便利で豊かな生活と 心の幸福度 ・・ 
CO2削減どころか 幸福度も測れない絶対的貧困、飢餓や戦争・・

どう温暖化ストップの道行を考えれば良いのか 分からない・・


でも・・ 沈んでしまう島の人々や 予測できない自然大災害や 
人間のせいで 絶滅に追い込まれている 多くの動植物たちは


どこか遠くの他人事ではないのだ ・・ そう思うんだ

 
 IMG_7343_convert_20200120141035.jpg


 IMG_6307_(2)_convert_20200120004617.jpg
 
「おかあしゃんのエコに賛同して シャンプーは しなくてOK~だよ」
         
                こらこら ちゃんと洗わないといけないよ~
                 


拙いブログにいらして下さり ありがとうございました(*^-^*)
もしよかったら ぜひまた おこしくださいな お待ちしています にゃ 

幸せの花ひらく ・・


こんにちは ねこ眠り です。



今年も どうぞ よろしく お願いいたします(=^・^=)


いらしてくださった方の手を この手の平に 重ねる想いで
毎年の いつもの願いを ・・  一年の初めに お祈りするよ

どうか ご健康で お元気に ・・ 災害にも遭われませんよう
途方に暮れられたり 悲しい思いをされることがありませんように・・ 


幸せのひらく 一年になりますように・・     


 IMG_7229_convert_20191231010411.jpg

 

去年 最後の新月は26日、 今年 初めの満月は 1月11日だよ

満月の頃には 夕方頃に月が出て 眠る頃に正中になるから
雲のない夜には 煌々と照らす「寒夜の月」が とても美しいな・・

キーンと冷え切った夜空に 遥か彼方から届く 星々や月の光

地上が明るいから この辺りで見える星は ほんの僅かだけれど 
「あの星の名は・・」なんて 星座表で探して見つけるのが楽しみだよ


(もう 20年以上も 使っている古い本だけど アプリみたいに優れものだよ) 
 IMG_7255_convert_20191231010239.jpg

 IMG_7250_convert_20191231010425.jpg


どなたも 誰も ヒトも そうでなくても  日本にも 外国にも
世界中に やさしい風が吹いて たくさんのが咲いたらいいなぁ・・


 IMG_7175_convert_20191225194742.jpg

 IMG_7261_convert_20191231194644.jpg

「今年も おかあしゃんと のらくらするよ どうぞ よろしくだよ」
          
 IMG_7195_convert_20191231010311.jpg


いらしてくださって ありがとうございます(*^-^*)
もし よろしかったら またぜひ お越しくださいな。お待ちしています。

今年こそ 頑張って更新するぞ~ にゃ~ =^_^=  ねこ眠り

 

どんなかんじかなあ


こんにちは ねこ眠り です。




むんむんと暑い夜、 夜鳴き蝉や 暗やみに啼く鳥達の声に 
何だかワクワクとして 眠るのが惜しいと思った・・ 夏の夜も

盛夏の頃から 心地よく聴こえていた 秋虫たちの透る音色も・・

黄金色に 穂先を光らせ揺れる ・・ 田んぼに輝く 稲穂の波も



 IMG_6504_convert_20191127230111.jpg



西の空に 美しい茜雲がたなびき・・まさに 枕草子に描いた秋 
「秋は、夕暮。 夕日のさして・・ 雁などのつらねたるが・・ 」

雁が連なり 空に小さく見えて飛んでいく姿が 目に浮かぶような・・

そんな 穏やかさに包まれた 暖かな秋の夕焼けも 久しくなって


 IMG_7052_convert_20191129225111.jpg
 


季節は・・ 凍った寒波の行き来で 寒さが緩んだり厳しかったり・・

真っ赤な葉っぱを落とした 満天星ツツジの三角葉痕は小さくて

芽鱗に包まれて眠る 芽と葉芽 ・・ 膨らんだ冬芽が 愛らしいんだ


今年も 鵯たちが 木の実をついばみ 大きな声で叫んでいるよ
雪の準備に勤しんで 食べるぞ~急げ~ なんて言っているのかな・・

この辺りに 初雪がふわふわと舞い降りるのは いつなのかな


 IMG_6981_(2)_convert_20191209113344.jpg



絵本だよ。  『 どんなかんじかなあ 』 中山千夏


     ともだちの まりちゃんは めがみえない。

     それで かんがえたんだ。
     みえないって どんなかんじかなあって。
      ~  ・・

     もうひとりのともだち さのくんは、みみがきこえない。

     きこえないって、どんなかんじかなあ。
      ~   ・・


     べつのともだちの きみちゃんは
     おとうさんもおかあさんも いないんだ。
     こうべ にいたとき、
     おおじしんで しんじゃったんだって。

     それって、どんなかんじかなあ。
      ~  ・・



ひろくんは、 目を瞑って 色んな音に耳を澄ましたり
耳を塞いで それまでは見えなかったものを見たんだ

お父さんとお母さんがいない気持ちも 一生懸命考えたよ
でも わからなくって、きみちゃんが来た時に 聞いてみたよ 


     「きっと、すごおく さびしいんだろうね」
     
     きみちゃんは ちょっとかんがえてから、こういった。
     「そうでもないよ」
     ほんとかなあ。
    
     「ほんとだよ」
     ほんとかなあ。

     つぎのにちように、きみちゃんがきて こういった。
     「わたしね、    ~ ・・    ・・ 
      

最後のページの辺りまで 何も考えずに読み進んでいったから 
あっ・・  うっ ううぅ ・・ って 胸が いっぱいになったんだ


ラストは・・ 図書館か本屋さんに行かれた時に
 もしも ちょっと気が向いたら 読んでみてね


 IMG_7126_convert_20191225152716.jpg


 IMG_6973_convert_20191127232040.jpg



こんな年をとっても ぼんやり者で はぐれ道は草ボーボーだよ

時々 色んなことに 「どんなかんじかなあ」 って 思うんだ 

良いこと発見の 「どんなかんじかなあ」 ではなくて ただぼんやり
鳥になったり 虫やになったり 役に立たない 「どんな・・」 なのだよ



この間の中国でのニュースだよ。  
亡くなった猫ちゃんのクローン猫の誕生を 報道していて
依頼者は 亡くした猫ちゃんと “そっくり” だと 笑顔で喜んでいたよ

お金さえ出せば依頼できて、 ビジネスとして広がってきているのだな・・

仔猫を代理出産させるには 大人しい性格の猫を 「使う」 のだそうだよ


おぉ・・ クローン技術用に 「飼育」 されて 望みもしないのに 
クローン猫を産まされる猫ちゃんの気持ちは どんなかんじかなあ

自分の身体を 勝手に自由に使われちゃうって どんなかんじかなあ


苦痛も 恐怖も 悲しみも 感じはしないだろう ・・ なんて思えなくて
人間の欲望を満たす為に 痛い思いをさせているんだ・・ って思ったよ


 IMG_6961_convert_20191127232005.jpg


再生医療(iPS細胞)や(ES細胞)も進んでいるそうだけれど
手術時に拒絶反応を抑えるために、愛犬たちと同じ遺伝子を持つ
クローン臓器も売買できるようになるかも知れない・・

動物病院で手術血液も不足しているから、クローン犬ちゃんたちの
血液を搾り取る商売がおきないとはいえない・・

大きなお金や利権が動いて・・ヒト以外をクローン技術から守る法律は 
簡単には整備されず、もし成立できても いくらでも すり抜けるだろう


人間だけが特別な生き物だと 多くの人が そう信じているから


 IMG_6455_convert_20191127225749.jpg


ペットショップや繁殖犬、 動物実験 殺処分と・・ 同じように また
残酷で 非道な行為が 「ごく普通の当たり前」 の感覚になるのには
 
この人間社会にとって さほどの時間はかからないだろう・・ って思うんだ


 IMG_6482_convert_20191127225918.jpg
 


食物連鎖と、子孫繁栄をさせて その種を守る縄張り意識の本能・・ 
全ての生き物には 生きぬくための非情な運命はあるけれど 

貪欲で無慈悲なことは してはならないことだと・・ そう思うんだ


 IMG_7183_convert_20191225194823.jpg



にせクリスチャンだけれど クリスマスに 毎年と同じ祈りを・・ 

凍えそうに冷たいどこかにも 暖かな灯りが点り

誰もの 大切なもの 守られますように・・


 IMG_7132_convert_20191225152758.jpg


 IMG_7149_convert_20191225152820.jpg

「また来年も みなしゃん よろしくお願いだよ」  

     

       寒いと 呼んでもなかなか出てこない風ちゃん 
       「お散歩だよ」「おやつだよ」って言うと飛んで出てくるよ 
              

 
今年も 休んでばかりでした・・ こんな ぐうたらブログに
いらしてくださって 感謝一杯です。 ありがとうございます。 

また来年も ご訪問いただけたなら フウ共々 とても嬉しいです。
皆さまのお幸せをお祈りしながら お待ちしています (*^-^*)

ちょっと早いですが どうぞ 良いお年をお迎えくださいね


真冬の来る前に


台風や水害の被害に遭われた方や・・ ご家族の心配事や ご病気や・・
不安な気持ちで過ごされている方が・・ 凍てつく 真冬の来る前に

どうか 安心して穏やかな毎日が取り戻せますように・・
遠くの他人事とは思えず 心から祈らずにはいられません ・・

 
 IMG_6999_convert_20191127232220.jpg



こんにちは ねこ眠り です。



山法師の赤い実は ポトリと土の上 ・・ それは秋の頃だよ

緑の草と 落ち葉に紛れてコロコロ ・・ 赤い実 コロコロ ・・

秋の陽だまりに座って おぉ・・ 可愛いな って 見ていたよ


でも今は もう 木の実だったことも忘れたように 色も姿も変えて

巡る季節に 長い時をかけて ゆっくりと・・ 土に還ろうとしているよ



 IMG_6978_convert_20191127232056.jpg


 
に ひらひらと舞う 秋蝶を ぼんやり見ながら 思ったんだ

木々の葉や 蛙や虫も ・・ 人間の灰や骨だって みな同じ・・
生まれて生きて 土に消えていくには 何の違いもないのだろう

誰かの命が逝くのは悲しくて・・ 自然だからと 思えはしないけれど
 
いつか この身が 土と化すのは自然のことだと・・ そう思ったよ


おぉ・・ 庭の朽ちた縁台で 初冬の陽射しに すこし温まりながら

今年も さざんかの 咲き始めて嬉しいな・・ って ・・思ったよ



 IMG_7055_convert_20191129225131.jpg



素敵なブロガーさんが紹介されていた本 『自殺する種 』
読んで記事に書こうとしてから すでに 一年以上・・ おぉ・・

巨大アグロバイオ企業が 遺伝子工学を駆使して開発した 
「ターミネーター・テクノロジー」という技術は 作物に実った
2世代目の種には毒が出来て自殺してしまうようにする技術。
遺伝子組み換え種子の特許侵害を防ぎ、農家の自家採取を
無意味にしてしまうことで 種、農業 食を支配する・・

遺伝子組み換え種子 ハイブリッド種子 複合病害抵抗性稲・・ 
イネゲノム解析競争 種子汚染・・ 遺伝子組み換え動物工場 

生物特許 体細胞クローン牛 鳥インフルエンザと工業的近代畜産 
過密飼いによるストレスでの免疫低下 抗生物質投与と耐性菌
リサイクルシステム(廃肉処理)が生んだ狂牛病 ホルモン剤 etc・・


 IMG_7736_(2)_convert_20191128001019.jpg


難しい言葉ばかりが並んでいたけれど、人間のしてきた過ち・・
なおも突き進んでいく利益第一主義への警鐘が書いてあったよ

少しでも多くの利益を上げて より便利で豊かな生活を得ようと
望むことが、すべて “悪” とは言えないのかも知れないけれど
 
とっくに “ささやかな幸せの領域” を越えてしまった科学技術開発は
地球の生態系を壊し 他の生き物の命を無慈悲に奪い 社会も人間をも
取返しのつかないまでに 蝕んでいっている・・ と思うんだ・・

人間の欲深さは とどまるところを知らず・・ なんと罪深いのかと・・ 
そんなことを 改めて つくづくと・・ この本を読んで考えたよ


 IMG_7049_convert_20191129225055.jpg
 

 IMG_7768_(3)_convert_2019112 8090339.jpg

 

こちらは 「デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方」
白鳥さん鳥さんブログ 素敵な duck4さんが著作・出版された本
『ヒュッゲの国から』 デンマーク流人生の楽しみ方

幸せな国と言われている北欧の国 デンマークに留学されていた  
duck4さんが デンマーク ヒュッゲな暮らしについて書かれた本だよ


(2017.10月に いつも行く図書館でお借りして拝読したよ)
 honn.jpg


オシャレな感じには遠い我が家も 少しだけ ヒュッゲにしたいな


小さなを おから貰ってきて 小さな陶器や硝子に挿して
ちょっと お台所や洗面所に置いてみたり・・

ボーボーに伸びたローズマリーやステビアなどハーブを摘んで
ハーブティーにしたり・・ おぉ・・ ほんわり心やすらぐ香りだな
(洒落たティーポットがなくて 大きな土瓶だけれど)

夜になったら 仄かな灯りをともして 外で ぼんやり夜空を見たり・・
(おぉ・・ 怪しい家の 危ないおばさんだけど)

暖かな日には 猫額の庭で 温かいお茶やコーヒーを飲んだり・・
(すぐの道路から丸見えで 笑われちゃうけど)


おぉ・・ ほんのひと時があれば 自分には充分すぎるほど幸せだよ 


 IMG_7724_(2)_convert_20191128000835.jpg

 
 IMG_7074_convert_20191201135541.jpg

「こんな暖かい寝床に お顔を入れて眠るのが これぞ 
冬のヒュッゲな暮らしだよ おかあしゃんも入れてあげるよ」

                    
      
               うん おかあしゃんも入ってみたいぞ~
               風ちゃんは居心地の良い場所探しの名人だね


 IMG_6574_convert_20191127230455.jpg
 
 
(ミモザの言葉 友情・・ 我が家も蕾を沢山つけているよ もしも 
枯れてしまっても が繋げてくれた友情は ずっと心に温かくて・・)
 IMG_7814_(2)_convert_20191128000405.jpg


 IMG_6842_convert_20191127230715.jpg


休んでばかりの拙ブログに いらしてくださり ありがとうございます。
切れ切れの時間を 上手に足していけば 一日に自由にできる時間は
もっとあるのに・・ その時間を無駄に過ごしてしまい・・面目ないです。

病気ばかりしていた昨年や一昨年に比べると 元気ですが
耳や目の不調と眩暈(加齢です トホホ・・)に悩まされています(^-^;

時折に ご訪問者さまの記事を読ませていただくことと
ずっと お訪ね下さる方の優しいお気持ちが 心の支えです。
親しい友が 会いに来てくれた気がして・・ とても嬉しいのです。 


どうか また いらしてくださいな。 いつも ありがとうございます。
寒くなったので風邪など ひかれませんように お気をつけてくださいね。

のらくら者の ねこ眠り お待ちしていますにゃ(=^・^=)  

初夏の白雪


先日来の豪雨被害が これ以上ありませんように・・
‥  ご無事と復旧をお祈りしています。


 IMG_7718_(2)_convert_20190627171217.jpg


こんにちは ねこ眠り です。



6月 風待月が 今年も また 疾うに駆け足で過ぎてしまったよ・・


雨は近いけれど 雲の流れは早く 薄っすらと光が透けて見えたんだ

どこから吹いてくるのだろう・・  音まで止まったような無風の時にも

どこかで 僅かに風は吹いていて・・  さわさわ・・ さわさわ・・

雨の香りをのせた柔らかな風が 紫陽花のびらに触れていったよ 


 IMG_6000_convert_20190624164559.jpg



山法師がつけた びら(総苞片だそうだよ)が 日に日に大きくなって 

ほんのり ピンクのかかった 優しげな色あいの淡黄色から白色へ

真っ白な木に染め上がってゆき ・・ まるで 初夏の白雪の美しさだったよ
 


いつか 生涯を終えて もしも 山法師の紅い実に 生まれ変わったなら


 IMG_5953_convert_20190624164534.jpg
 

どこか 高い山がいいな。 中腹辺りで 双葉の芽を出し大きくなって・・ 

秋には 枝々に数え切れないほどに 無数の芽を膨らませ・・
冬には春の夢を見て 暖かくなったら 少しづつ苞を大きく育てるよ 

そして、 青葉の頃には 山を吹き渡る 清らかな風を一身に受けて 

白い雪おばけみたいに ユッサユッサと揺れながら 麓を見渡すんだ

強い風も やさしい風も、 おぉ・・気持ちいいぞ~ なんて思うんだ


 IMG_6092_convert_20190624164710.jpg
 

 IMG_6282_(3)_convert_20190630131311.jpg


だけど・・ 放射能や温暖化や・・PM2.5 酸性雨 土壌汚染 ・・
汚染された物質循環と生命循環・・ 山に生きる命の生態を脅かす開発 

おぉ・・ のんびりと 山でを咲かせては いられないかも知れないな
 
 
 IMG_6252_convert_20190624164946.jpg


今年も ヒペリカムのが咲いて の後には 赤い実が実り

可愛らしい黄の長い睫毛が 雨露に濡れる季節が巡ってきて・・

毎年のよう・・ ヒペリカムの言葉 「悲しみは続かない」 を想ったんだ


 IMG_6105_convert_20190624164742.jpg


5月に滋賀で 園児が 衝突事故に巻き込まれた痛ましいニュース
川崎で登校バスを待つ児童や大人が 凶器で襲われた惨い事件・・

愛する我が子を奪われた 逆縁の悲しみはどんなに深いだろう

家から見える県道からも聞こえてくる 走る救急車の音
自然災害の被害を告げるニュースや 悲しいお別れの知らせ

毎日のように どこかで誰かが 大切な誰かの無事を願い 想う・・


 IMG_7653_(2)_convert_20190627170105.jpg


母は 父と結婚した翌年に 初産で授かった赤ちゃんを 
産まれて数週間で亡くしたのだと・・ 

産後の肥立ちの悪かった心身に受けた衝撃は あまりに強く ・・

悲しみから立ち直れず  「狂ったらあかん 狂ったらあかん」 

懸命に念じたのだと、 私が小学生くらいの時に話をしてくれたよ


気が狂うかも知れないと 怯えるほどの悲しみとは どんなだろうか・・  

小学生の頭で考えても きっと 耐え難く辛かったのだと思ったよ
だから・・ 優しい母が 時折に 溢れる感情を抑えきれなくなって
突然に 怒り激昂するのは その 大きな悲しみのせいなんだと思ったよ 


 IMG_7657_(2)_convert_20190627170245.jpg

 
それから何十年も過ぎてもなお 苦しみは 心の底 奥深くに沈み
言葉には出さなくても 決して 消えない埋火 抱いているのだろうか・・     


無宗教で信仰心の乏しい私が願うは おこがましい望みなれども

観世音菩薩さまの・・弥勒菩薩さまの・・ 慈しみに どうか 
あの園児や児童のお母さんたちも 母も・・ 誰もが救われますように・・ 


 IMG_7680_(2)_convert_20190624184142.jpg


ヒペリカムの実は色づき・・  どんな悲しみも癒されますように・・

どなたも どうか 悲しい涙を流されることがありませんように・・
 

 IMG_6207_convert_20190624164849.jpg


田んぼでは 赤ちゃんみたいな小さな玉苗が どんどん育ってきて

今は ちょっとおしゃまな年中さんかな 年長さんくらいかな 

おぉ・・ 梅雨が終わる頃には ぐっと もっと逞しくなってくるんだな 


夜に朝に 水の張られた田んぼから 鴨たちや 鷺たちの声がしてくるよ

風に乗って聴こえてくる 心地良い鳥たちの声が この季節 一番の楽しみなんだ

 
 IMG_6353_convert_20190624165259.jpg

 IMG_6293_convert_20190624165049.jpg


 『 おかあしゃんの この季節の一番の楽しみは 
    美味しい茹でトウモロコシじゃあないのか??』


           うっ・・そうなのだ!美味しいトウモロコシが出始めたよ
             フウは 茹で始めたら あっという間に飛んでくるね   


 IMG_6007_convert_20190624164626.jpg


拙いブログにいらして下さって ありがとうございました。
もしよかったら ぜひまた おこしくださいな お待ちしています(=^・^=)

読もうと 一年越しで思っていた『自殺する種子』(アグロバイオ企業が
食を支配する)や 最近読んだ絵本のことを 今度の記事に書こうと・・
 おぉ・・  いつになるのだ ・・  ・・  

皐月の風


こんにちは ねこ眠り です。



白光を淡く輝かせて こうげつの風が 肌に心地良く吹いてくる ・・

もし この薫風に色があったなら 柔らかな萌黄色なのかな
新芽の香りを残す若葉色もいいな ・・
  おぉ・・   やっぱり 色など無縁かな ・・ 


5月 皐月の咲きそろう垣根で ほんの少し ひと休みをして 
また する~り 草や木々の間を抜けて 風が渡っていったよ


 IMG_5671.jpg


どの季節も 雲は流れ 陽光は地上を照らし 雨は地中を濡らすけれど

いつの時よりも 鳥の囀り近くに聴こえて ゆるやかに時が流れていくんだ


 IMG_5666.jpg


おぉ・・ 蝋梅に 黄色く仄かな・・ 春の始まりの愛らしいが咲く頃から  

もう この風薫る季節が はやく 早く来ないだろうかと・・ 待っていたんだ


 test.jpg   




去年のが 今年も 季節巡りの順に咲いてくれるのが嬉しくて・・ 

光が うっすら ぼやけていく夕暮れに ・・ 心のしんから想ったよ


大切な人の・・  嬉しい思いの時も  全力で力を尽くしている時も・・
穏やかな日々にも  悲しみに暮れる心にも・・ 


たとえ どんな時も 友の傍に・・  遠く だれもの傍らに ・・ 

どうか 去年と 変わらぬが咲いて  優しく揺れていますように・・



 IMG_5774.jpg



 非風非幡仁者心動   非風非旗非心


二僧有りて対論す、一僧 曰く 「幡動く」 一僧 曰く 「風動く」

大鑑慧能禅師 曰く、 「非風非幡 仁者心動」 なり  
無門禅師 曰く、 「心不動」 心の動くにあらず・・ 


  
風が動いているのか 旗が動いているのか・・  

いや  風にあらず   旗にあらず

おぉ・・  動いているのは この心だったのか


いや  心動くにあらず・・  色 即是 空  空 即是 色 ・・ 

物我一如・・  旗も風も 心さえも動いてはいないのか



 IMG_5815.jpg



我の煩悩は深く 禅の導きは遠くて とても解けないけれど・・


純白のレース糸で編んだ 可愛らしいオルレアの
風の流れに任せて揺れているのを ぼんやりと見ていると


揺れているのは風なのか ・・ オルレアの白いなのか ・・

この心のなかを やさしく薫る5月の風が ゆっくり流れていくよ


と風の ひと時に ほんわかと暖かく満たされるような ・・

おぉ・・ 風が気持ちがいいなぁ・・  って嬉しいなぁ・・



 IMG_5596.jpg


日向にまどろんで 目を細める猫くんの気分は こんなだろうか

ふわ~りカーテン・・ うたた寝をしているフウの気分も こんなかなぁ・・


 IMG_5817.jpg



時々 ぼんやりと・・ どうでもいいようなことが色々と浮かんでくるよ


「かなしみは ちからに、 欲りは いつくしみに
      いかりは 智慧にみちびかるべし」   宮沢賢治


・・ 生き物の怒りは どこから出てくるんだろう


令和・・ アイヌ民族や琉球民族の歴史を考えてみたり・・

明治維新の義士たちを 突き動かしたのは何か 思ってみたり・・


清の冊封から 日本の統治から 連合軍から・・
朝鮮半島の独立運動家たちは どれほど他国にも自国にも憤ったろうか・・

第2次世界大戦後に イギリス アメリカ フランスなどや 敗戦国日本から 
他国の統治から独立した多くの国の人々・・怒りや悲しみの歴史とは・・


フランス革命 アメリカ南北戦争 奴隷解放運動 天安門 アラブの春 ・・

有名無名の「闘い」に どんなに多くの血が流れたのだろう ・・     

人々は熱くたぎる激情に どれほど揺さぶられたのだろう ・・ 


  IMG_7589-1.jpg

 
おぉ・・ ぼんやり者だから とりとめもなく 次々と・・ぼんやり想うんだ・・


母は 昔から 落ち着いていて温厚だけれど 時折 溜めてきた怒りを
ぶつけるように怒り出すから・・ 優しい時にも 少し不安だったんだ

兄は たえず怒っていたから 足音も怖くて 兄の怒りに触れないように
子供なりに気をつけていたんだ・・ 実家を離れてからは 息災を願っているよ


  IMG_5823.jpg


オヤツを守って うぅ~ なんて・・ フウの怒りは とても可愛いんだ   

「愛護」センターで最期を迎える犬たちの怒りは どんなに無念だろうか

2018年に 東グータ地区で使用された化学兵器のニュースが
今も 心にかかるよ・・  子供たちが 後遺症で苦しんではいないだろうか

・・  ・・   ・・

誰かが放った怒鳴り声は 悲しみの義憤なのか 私欲の憤懣だろうか ・・  


 IMG_7641 -1



この辺りの田んぼでは 田植えの用意が進んでいるよ

もうじき 田んぼに水が なみなみと張られて 光がキラキラするよ

おぉ・・  夜になったら外を見て 湖畔の宿のようだと思うんだ


 IMG_7591-1.jpg

 
どうしても家に帰りたいと言い ・・ 毎日の面会の度に 怒ったり
泣いたり嘆いていた母は、 ゴールデンウィークの直前に急遽 
退院が決まり・・ 家に帰れて安堵し 笑顔になってくれました。

先生や看護婦さんに無理にお願いして帰ってきたので これからが
また 心配ですが・・ 家の自室で 安心して眠る母の姿を見ていると
たとえ動けなくても 自分の意志を通すために あらん限りの声を
出すことの出来る・・ そんな母が 羨ましくもなります・・

そばにいる私は大変ではなく 本当に大変なのは 長い時間をかけて
衰えていく母なんだな・・  

入院をした時には安心したので 退院は気が重いなぁ・・と思ったら
そうでもなくて 不安ながらも また ほっとしています(*^-^*)  



(毎年のこぼれ花・・ 忘れな草は 友達のお母さまの思い出の花だよ 
今年も探していたら ひとつを見つけて嬉しかったよ ちいさな水色のだよ)
 IMG_7651 (2)


拙いブログにいらして下さって ありがとうございます(*^-^*)
もしよろしかったら また いらしてにゃ お待ちしています。にゃ
                       ねこ眠り


もたもたと書いているうちに 5月も終わりそう・・ おぉ・・ あ・・暑い・・  
 

風和らぎ


こんにちは ねこ眠り です。


ただいま・・
 
お訪ね下さり とても嬉しいです ありがとうございます。  
長く留守にして ごめんなさい・・

母は まだ入院をしていて 歩くことはできませんが
内科病棟から整形外科病棟に移ることができ・・ 
担当医の先生や看護婦さんが 口を揃えて驚かれるほど
元気になり回復をしてきました。

フウを入れて 6人家族の我が家・・  母が入院してから 
食事の用意 洗濯など・・ 家事が 少し減って 楽をしているのに
私ときたら、 病院の往復 フウの病院 家族の心配事やら・・
時間に追われて バタバタと 空回りばかり・・  

せかせか クラクラ よろよろ・・ と 毎日を過ごしているうちに 

おぉ・・ 野にも山にも 里にも もう 柔らかい陽射しのが ・・  ・・



 IMG_5226_convert_20190417230331.jpg


薫風の季節が近づき 穏やかに風吹く日は まさに、風和らぎ 
喜びや悲しみや・・ 安堵や不安も ・・ タンポポ綿毛のように 

ふんわりさせて ふうっ~と 風に乗せて飛んでいくような・・


おぉ・・ もしも 綿毛たちに紛れてしまえたなら

風に乗って ふわふわと の空を見ながら 漂えるかな 
思いきって 新緑が萌え始めた山までも 飛んでゆけるかな ・・


悲しい思いのブロ友さんの傍まで 綿毛になって飛んでいき
「 大丈夫だよ」を咲かせて励ませれたら・・ どんなにいいか・・



 IMG_7424_convert_20190417231130.jpg



新しい元号は 『万葉集』が典拠で 全国の書店でも人気だそう・・

日本の古典も 漢籍も すらすらとは到底 よく分からないけれど・・ 
でも 漢詩や和歌や古典文学も好きだから 嬉しいブームだよ


(漢語)と(万葉仮名)を組み合わせて書かれた 漢字ばかりの
万葉集を解読した 梨壺の五人や 鎌倉の仙覚たちは きっと
寝ても覚めても 漢字が頭の中で踊っていたかも知れないな

面白くてワクワク 難解を読み解く喜びに 夢中になったのだろうな・・

古代日本人は、日本独特の文化に加えて 大陸や朝鮮半島から
文字や農業・・鍛冶や・・ 渡来人により膨大な知識を得てきたのだな
故事来歴や『四書五経』や『文選』等々の文学や 古代朝鮮との交流・・


おぉ・・どうして その大切な隣国を 攻めようなんてしたのだろう

どんな理由も 理屈もなく いつまでも 平和が守られますように・・ 


令月            初の令月にして
気淑風和            気淑しく風和らぎ
梅披鏡前之粉         梅は鏡前の粉を披き
蘭薫珮後之香         蘭は珮後の香を薫らす



 IMG_5537_convert_20190417231013.jpg
 
 IMG_5428_convert_20190417230751.jpg


 

たまたま最近 ラジオで流れていたのを耳にした 『よ、来い』
流れるイントロから ・・ 心惹かれる 懐かしい曲だよ

動画が映す花は ゆく季節にそって
沈丁・・ その次に 白木蓮 ・・ そして  咲いているよ


小さなが丸まって 可愛らしい沈丁・・ が始まった頃に 
猫額の庭にも 気持ちがほぐれていくような 優しい香りがしていたよ



 IMG_7253_(5)_convert_20190418202606.jpg



木蓮は の蕾が まだ固くてびらがほころぶ前の頃
すこし大きめのびらが上品なビロードのように咲く 綺麗な・・



  IMG_5524_convert_20190417230905.jpg  



大きく真っ白に咲いていた白木蓮のは 思い出のだよ


ずっと若かった時に 暮らしていた家は代々と続く大農家で

広い庭地の入り口には 農作業小屋が一体になった門があって
門をくぐって歩いて行くと 左側には離れの家 真っすぐには母屋
母屋の玄関を入ると土間になっていて 広縁を上がって畳の部屋
田の字の四つの和室と奥和室の 襖を外すと 葬儀や法要の大部屋

義祖父は奥和室で寝て 昼夜も曖昧に 私がどこの誰かも分からず
奥和室の横には お風呂場と 磨き上げられた漆床が黒く光る台所

お湯が胸下までの終い風呂は 冷めて湯気も立たなかったけれど
誰もが その(当たり前)に慣れていて 逆らえないことだったんだ 

台所の横手ドアから外に出ると 庇下の洗濯機と 洗濯干し場
小さな靴下 大きなシーツ・・ 家中の洗濯物がハタハタと風になびいて
足元には 葉っぱのお皿や南天の赤い実・・ 娘の無邪気な声がしていたよ


 IMG_7307_convert_20190417225851.jpg


日々の買い物代金は レシートで義母との交換だったから
義祖父が夜中に 冷蔵庫の物を散らし食べてしまうのが悲しくて・・
スリスリ這う足音・・ガスレンジを ガッチンガッチンさせる音が恐くて・・

最期が近づき 起き上がれなくなった時に ホッとした 自分が嫌だったよ


台所の隅 急な傾斜の階段を上ると 私たち若夫婦の部屋
蚕部屋をリフォームした部屋は天井が少し低いけれど 割と広くて
高い小さな南窓からは太陽の光も射して 冬に暖かかったよ  



 IMG_5540_convert_20190417231027.jpg



北の裏窓からは 低い屋根と 裏庭の大きな白木蓮が見えたんだ


が来て が咲くのを皆が 今か今かと待ち焦がれる頃になると 
ほんの ひと足先に 真っ白な白木蓮は盛りになって  

裏窓から手を伸ばしたら届きそうなほどに 乱れ咲いていて・・


今でも 白木蓮のが咲いているのを見ると ふと思い出すよ

窓の外を白く埋めていた 美しくて 悲しいほど白いびら


何で 寂しいのか 何が理不尽なのかも気づかずに 
ただぼんやりと・・ 幾重にも白く 咲きひらくに見惚れていたんだ



こんなに年をとって 今でさえ何も分からず浅はかな・・ 
この失敗だらけの人生の道すがらに 真白く咲いていただよ


  
 IMG_7245_convert_20190417225425.jpg

 IMG_7319_convert_20190417230111.jpg

 
 IMG_7463_convert_20190419221758.jpg

 IMG_7451_convert_20190419221723.jpg


フウは 去年、ワンちゃん美容院でトリミング台から落ちてしまい
(お店の人が下までではないと) 腰を痛めてから治っても 何度か 
食欲が落ちたり・・  でも 今は元気がもどって オヤツも たくさん
食べて のらくらしているよ~ 甘えん坊さんだよ~


 IMG_7281_convert_20190417225521.jpg
 
 
拙いブログに いらして下さって ありがとうございました。
もし よろしかったら またぜひ お越しくださいな。 お待ちしています にゃ

お気にかけてお訪ねくださり ありがとうございました。
ご訪問を心の励みにして 戻ってきました(*^-^*)

春 遠からじ


こんにちは ねこ眠り です。 


お手紙です・・ 休んでばかりの拙ブログですが
また しばらくお休みをしますね・・(^-^;


いらしてくださり ありがとうございます(*^-^*)

せっかく お訪ねくださったのに いつも留守ばかりして
申し訳ありません・・ ごめんなさい。 

一昨年に 腸の手術をした母が、先日から また入院をして
病院への往復に 落ち着かない毎日を送っています。
前回は 杖を手に 自分の足で歩いて病院に行けた母ですが、 
たった2年ほどの間に 骨粗鬆症の圧迫骨折や体力低下で
ほぼ寝たきりの身体での入院になりました。 

我が家では、 一昨年の春から 母 フウ 私 ・・と順番に
病院のお世話になり・・ 去年の6月頃からは 胃腸風邪やら
熱や咳風邪・・ 何度も 違うタイプの風邪をひくのが続いて・・ 
年が明けても フウまで皆で 代わり番こに体調を崩していました。 
ほとほと・・ 日々の健康管理を 猛反省中です。

娘は頼りになりますが、 子供が小さく 仕事を持っていて
体調を崩しがちで・・ 私の協力を必要としているので、
出来る限り 助力になってやらねばならず・・ 
それに こんな おばさんを呼んでくださる 本屋さんの
バイトも まだ頑張りたいと思っているのですが・・

おぉ・・ もうひとつ身体が・・ 頑強な身体が欲しいです(^-^;



ですが、 まさしく 『 冬来たりなば 遠からじ 』  なので

我が家にも は もう そこまで来ている予感がしています(*^-^*)


 IMG_7158_convert_20190224202748.jpg


拙ブログを おやすみをしていても・・


闘病をされているブログ友達さん・・ 辛い思いをされては
いないでしょうか・・ 一日も早くお元気になってね フレーフレー!

旦那さまや ご両親さま ご家族さま(ワンちゃんたちも)の ご病気を
支えられているブログ友達さん・・ どうか 御身も大切に守ってくださいね

ご快癒されますよう・・ 
検査の数値が良くなりますよう・・ 心から お祈りしています・・

(ご訪問くださった方は 皆さまブログ友達さんだと思っています)


おじゃまをさせていただいていて もう 自分んちの子のように可愛い
ワンちゃんや猫ちゃん鳥さんたちも ずっとずっと元気でいてね・・

青空 霞空 星空・・ 大好きな空 を見上げて いつも思い出しています・・


 IMG_7219_convert_20190224203058.jpg


ご弔問にお訪ねさせていただきたきたいと 胸に思ったまま
お悔みが・・ こんなに遅くなってしまいましたが・・ 

ブログ友達さんの お母さまや ご家族さまのご訃報に・・ 
心から ご冥福をお祈りいたします

( 追伸  ブログ友達さんの旦那さまのご訃報を もう何日も
過ぎてしまって 今朝 知りました・・  苦しい治療を頑張って
受けられていて・・ 深い悲しみにおかけする言葉が見つかりません・・ 
ただただ どうか安らかに・・ 心から お祈りいたします。)  

 一日も早く 辛い悲しみが癒されますように ・・  ・・

クララちゃん・・ おねえちゃん さくらちゃん ちゃーくんたち・・ 
三毛猫ちゃん カワイコちゃん ロンちゃんたち・・ 猫さんRちゃん・・
お外で暮らす猫ちゃんたち 渡りの貴重な鳥さんたちや・・

産まれてきてくれて 頑張って生きてきたみんな・・ 
虹の橋を渡っていった皆が 安らかに過ごせますように・・ ・・


 IMG_7201_convert_20190224203017.jpg
 
コースケくんとエルちゃんはココロ(亡くしたコーギーちゃんです)と楽しく遊んでいるかなぁ・・
ミニーちゃんも もう お空の上の皆と すっかり寛いでいるかなぁ・・

ふと寂しい思いはされていないでしょうか・・ 見ぬ人に想いを馳せています・・


北海道のお天気が気になって・・ いつも 素敵な時間の過ごし方を
されているなぁ・・と つねづね想っていること・・ 
また地震がきても 被害に遭われませんように・・願っていること

理不尽な人間に憤りを感じ・・ 山の猫ちゃんたちの幸せを願っていること・・


お薬の離脱症状は軽減消失されたでしょうか・・・・ずっと心配していること・・


ワンちゃん猫ちゃん鳥さんたちの・・皆の やさしいママさんパパさん
お母ちゃん おかしゃん お母さん おかあしゃん ワシさん 父ちゃんや ・・
守り人さんたちに ずっと幸せがありますようにと願っていること・・


 IMG_7169_convert_20190224202801.jpg


徒然なるままに軽妙な日々の話題や 時事問題を読ませていただいて
和んだり同感したり 色々と考えたりしていること・・


沢山の雀さんたちや渡りで帰っていくカモさんや 白鳥さんたちも
大好きな鳥さんたちが どうか 無事でいてほしいと祈っていること・・

鳥さんたちや猫さんたちへの虐待防止を願ってやまないこと・・
亡くなった命の為に出来ることを 今も 考え続けていること・・

自然界の定めこそあれど・・ 
どの生き物にも その生き物の権利が守られるべきだと思っていること・・


心を打つ素敵な風景や 綺麗なおのお写真や 上手に書かれた絵や・・
拝見したり 詩を読ませていただいたり いつも聴かせていただいている
自分の知らなかった音楽も とても楽しみなこと・・

バイクに乗って風を切ってみたいなー ・・ 今でも思っていること・・

歴史のオス君に 元気で長生きしてほしいと願っていること・・


 IMG_7181_convert_20190224202926.jpg


東北や 湘南や 長崎や 熱海や駿河・・ 月の道や朝陽 沈む太陽・・
見たことのない美しい海を 時折・・ ぼんやりと想像していること

猫ちゃんたちにカリカリを送りたいと思って いまだできずにいること・・

故郷の岐阜県の風景を いつも楽しみにしていて・・
私も チャーミングな ももちゃんを想い出していること・・

ミモザの黄色い蕾が膨らんでいるのを見せていただいて 今年のには
ブログ友達さんのお庭に 真っ黄色のおが咲くのが ずっと楽しみなこと・・

相生山に行ける日を 楽しみにしていること・・ 
人間だけの為に自然はあるのではないと思っていること・・


 IMG_6997_convert_20190101055540.jpg


アトピーのお話にも・・ いつも コメントできず申し訳なく思っていること・・

俳句や短歌を 拝読させていただき 声を出して音読するのが楽しいこと・・

旅のお話を拝見して なごやかな あたたかい旅気分を味わっていること・・

このお料理を食べてみたいなぁ・・ いつも そう思って拝見していること・・

兼業農家の生まれなので 農作業の記事を見入ってしまうこと・・

語学の勉強をされている方はすごいなぁ・・ って思っていること
(韓国語と中国語の勉強が頓挫中です(^-^;)

テレビ♪ 優しい笑顔の素敵なご夫婦さんですね!ってお伝えしたかったこと・・


おぉ・・拝見させていただく やさしい愛らしいおに癒されていること・・


小さな お茶目な毛もじゃちゃんを手の平に抱いて そっと撫でたり
大きな甘えんぼちゃんを  ココロにしたみたいに 胸に抱きしめたいなぁ・・ 
 
いい子だねー って おでこを撫で撫でしたいなぁ・・   夢みていること


 IMG_7186_convert_20190224202941.jpg



   とても書ききれない つのる想いの丈を 
  お伝えに行けないまま おやすみをします・・ 

 
寒暖差が激しいこの季節・・ どうか お身体を大切にしてくださいね

  ずっと変わらぬ お幸せをお祈りしています


  IMG_7171_convert_20190224202901.jpg


拙い便りを読んでくださり ありがとうございました。 


コメントのお気遣いはなさらないでね でも もし ふらりと遊びにいらして
くださったなら 必ず 喜んでお返事をしますので 待ってやってくださいな(*^-^*)

幸せの花ひらく・・


こんにちは ねこ眠り です。


今年も どうぞ よろしく お願いいたします(=^・^=)


いつも願いは同じ ・・  いらして下さった皆さまが どうか 
ご健康で無事故で 災害にもご無事で、途方に暮れられることなく 
辛い思いや 悲しい思いをされることがありませんよう 

 幸せのひらく 一年になりますように・・     


 IMG_7024_convert_20190101055644.jpg
  
 

闘病されている方の治療が成果を得て 必ず治られますように・・

力がモリモリとみなぎってきますように・・


 IMG_6973_convert_20190101055402.jpg

 

終わらない紛争 戦闘やテロ・・ 差別や格差・・ 虐待やイジメや・・  
詐欺 暴力 ・・  無益な殺生や 殺処分や・・
  
この世から 非道な理不尽が なくなったらどんなにいいか


 IMG_6930_convert_20190101011610.jpg



ただ風の中 雑木林の木々たちの 葉こすりの音色を聴く時

冬空に満天に輝く星 一番に輝く シリアスの光を見つめる時

窓から差し込む月あかりが嬉しくて ずっと夜空を見続ける時 ・・
 

大きなイチョウの古木に触れた 温かい手の平の感触に

沈もうとする太陽の光が染める 美しい茜色の夕焼け空に

地球が 太陽の方向へと回った瞬間  輝きだした朝陽に ・・



あっ・・って 心が動くとき 祈らずにはいられない気持ちになるんだ

 

 IMG_6974_convert_20190101055419.jpg


平和で どこにも災害も 悲しいお別れもありませんように・・ 

暖かな陽だまりに 誰もが温まれるような そんな年になりますように・・


 IMG_6926_convert_20190101055325.jpg



 IMG_7021_convert_20190101055554.jpg

 

拙ブログに いらして下さって ありがとうございます(*^-^*)
もしよろしかったら ぜひ またお訪ねくださいな・・ 

お休みばかりして 新年から簡単更新になってしまいましたが・・
今年も お待ちしています。 にゃ    ねこ眠り


咲いているよ


長くお休みをしてしまいました・・ ごめんなさい。 
いらして下さり 感謝の想いでいっぱいです。ありがとうございます。

独楽鼠のようにクルクル回り 疲れて果てては またクルクルと・・
やりたいことも やらなければいけないことも きちんと出来ずに
明日こそは・・と焦りながら この数ヶ月の間に何回か 寝込んでは
忙しく動き・・ 繰り返し 疲れて力をなくしていました。


 IMG_6834_convert_20181115143008.jpg
   

こんにちは ねこ眠り です。



地球は 太陽に少し近づいてしまったのかと・・ あの灼熱の夏は
はるか風の中・・ 遠い日となり  山に里にも 嬉しい恵みの季節だな 

秋は深まり 竜田姫が舞い  山々は 色艶やかに美しい錦の衣を纏うんだ


 IMG_6709_convert_20181115142654.jpg



朝から キィーキィーと 木々を飛び交う 賑やかな鵯の声が響くと

秋のゆずり葉 鳥たちの羽ばたきに揺らされて はらりと落ちるよ


朝陽の木漏れ日も一緒に揺れて 何だか鵯たちは愉しそうだな


銀木犀の残りからなのかな  甘い香りは 風の移り香のよう・・
気がつく度に 秋の 咲いているんだな って嬉しくなるよ


 IMG_6831_convert_20181115142952.jpg

 

秋の夕暮れ時は寂しいほどに 太陽は つるべ落としにポトンと落ちるよ


学ぶ楽しさを知る 青春から 命が燃え盛る 朱夏 ・・
孔子曰く・・吾十有五而志于学、 三十而立、
おぉ・・  四十にして惑ず 五十にして天命を知る 六十にして耳従う
白秋から 七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。玄冬へと・・  
  
生きていく一生は 簡単には終われはしない長い道行きなのか 
長いようで ほんの束の間のこと・・ 一瞬の出来事なのか 


まだ薄明るいな と窓の外を見て、目を下に向け ジャガイモの皮を剥き
次に 洗いカゴを取ろうと頭を上げた時には・・ もう夜になっていたよ

すっかり暗くなったな って・・夜の始まりの空に 思わず光を探したよ


 IMG_6547_convert_20181115142355.jpg



      忘れ 一輪 ~   


    枯れ木のような細い手で  布団の端を握りしめ
    もう 命 果てたいと願う 母の季節は何度 過ぎたのだろう

    
    息を絶えさすものかと娘は祈り 幾つの月が満ちたのだろう

    あっけなく切れそうな糸は 切れることなく 


    「生きてゆくのは 定めのことだが
    生きながらえていくのは ほんに難儀なこと」 だと

    歩いた道の遠い日々を想うのか まだ続く道のりが哀しいのか 


    「自分でやるんだもん と泣くは あの愛らしい幼子だが
    何一つも できはしないのは この情けない年寄り」 だと

    痛みのない日を待ちわび 生きるが辛いと嘆き 涙をこぼす
  

    
    一生をへて 幸せの陰 胸の奥残る怒りも 憎しみも消えるだろうか
    
    縁側から届く 暖かな秋の陽光が 白髪の母を柔らかに抱きしめ
    
    庭には 小手毬の忘れ 一輪、 季節さえ忘れて咲いているよ



 IMG_6861_convert_20181115143125.jpg


 IMG_6649_convert_20181115142522.jpg



神無月は過ぎ、時は走るように霜月・・ 神に舞う 神楽月になったよ



    ああ、大和にしあらましかば
    いま神無月、
    うは葉散り透く神無備の森の小路を
    あかつき露に髪ぬれて往きこそかよへ
    斑鳩へ。平群のおほ野、高草の
    黄金の海とゆらゆる日
    ・・   ・・         



薄田泣菫の この詩は 待合室の雑誌を読んで思い出した詩だよ

神さまたちが出雲に集まる神無月、大和 斑鳩の美しさ・・ 

大和の秋は それはもう 神楽月の今も 艶やかに美しいのだろうな
 
風の光にきらめいて 黄金色になびく白毛の高草が目に浮かぶんだ


 IMG_6876_convert_20181115143208.jpg



猫額の庭から見える田んぼは 稲穂が 黄色の海とゆらゆる日・・だったよ


稲刈りを待つ稲たちは 穂先がすすけて 優しい黄色が綺麗で
まっ黄色の稲穂の波が さわさわさわさわと優しく揺れていたんだ


あぁ・・ もし この黄色く淡い田んぼの真ん中にピアノを置いたなら

聴こえてくるのは どんな旋律なのだろう・・って何度も 想像していたよ


やさしい風のように 心の中に流れてきたらいいな って耳を澄ましたよ



 IMG_6792_convert_20181115142854.jpg



 IMG_6885_convert_20181115143229.jpg

 『おかあしゃん あのね 美味しい秋のオヤツの匂いが流れてきたら嬉しいよ 』


                 そうだね おかあしゃんもだよ 
                  
                フウの大好きな 鬼饅頭の季節がきたね
                 また たくさん蒸かそうね


 IMG_6707_convert_20181115142638.jpg



拙ブログに いらして下さって ありがとうございます(*^-^*)
もしよろしかったら ぜひ またお訪ねくださいな・・ 
お休みしてばかりですが お待ちしています。 にゃ  ねこ眠り


Menu

プロフィール

ねこ眠り

Author:ねこ眠り
花を育てるのが大好きです。
日々の生活の 楽しいこと嬉しいこと
見つけて大切にしたいな。
  

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム