猫額に風~~

風に吹かれて ふわふわり~ 花と日々の楽しみ綴ります

薫風自南来・・

5月初めに書き始めたまま もう 水田に玉苗の映る季節が・・ おぉ ・・ こんにちは ねこ眠り です。  薫風自南来  殿閣微涼を生ず   ( くんぷうじなんらい でんかくびりょうをしょうず)禅の境地には程遠いけれど  猫額の庭にも 風の涼さを感じるよ 「薫風」という呼び名は 誰がつけたのだろう・・ その名のままにひゅる ひゅる するぅ~  ふわぁ~ ふぅ~ ふ~ ・・  揺れる若葉をきらめかせ 光をふんわ...

厳しくも優しいな・・

こんにちは ねこ眠り です。 夜が更けて 眠る頃 ・・満月を過ぎて 新月に向かう月が 土を照らす田んぼから (4月の始まったばかりの時だよ)キッ キッ キッ キー ケッ ケッ ケッ ケッ ケー 短く尾を引く ケリの けたたましい声が聞こえてくるよ うっすらと 春夜が明け始める頃にも ・・荒起こしの後 あちこちに草が生えた デコボコ土の田んぼから 高く鋭い警戒声が響いてくるよ  キッ キッ キッ ケェー ケ...

それでも きっと ・・

こんにちは ねこ眠り です。2月 雁帰月(かりかえりつき) は とうに過ぎてもう 渡り鳥たちは 遥か遠くに向かって 飛んでいるのかな・・(白梅 公園に 愛いらしい白い梅の花が咲いて・・ほのかな早春の香りだよ) 気流に翼を乗せて 高く広がる 水色の上空から見渡せば大海原に跳ぶ 波うさぎ 「ついておいでよ」 って誘っているかなどれほど飛び続けたら どこに辿り着くのか 一緒に行ってみたいよおぉ・・  走っても ...

想像するよ

1月下旬から 少し忙しくしていて・・ ご訪問をいただきながら不義理を どうか お許しください。  おぉ・・ お休みばかりして 風前の灯火ブログです・・  (蝋梅 まだ凍えるような寒い頃、 新春一番に咲く 幸せ呼ぶ黄色花木だよ)  こんにちは ねこ眠り です。  きさらぎ        冬ごもり 春にはあれど 埋み火に 足さしのべてつれづれと 草の庵に とぢこもり うち数ふればきさらぎも 夢のごとくに...

微力だけれど・・

こんにちは ねこ眠り です。いつの間にか もう 一月 睦び月も もう半ばに・・ 最近にない 暖かな冬の陽が射して 静かな日曜日だよ鳥たちのさえずりに耳を澄まして ぼんやりと空を見上げたよ 水色を少し青くした 綺麗な空色に 地球ごと 丸く包まれているようだな空は高くて そこから 程よく心地よい風が吹いてくる・・ 北風吹く 寒い季節には貴重な やさしい晩冬の陽だったよ(ミモザ まだまだ固い蕾だけれど 少しず...

ああいいな 

こんにちは ねこ眠り です。今年も どうぞ宜しく お願い致します (=^・^=)皆さまにとって 幸せの花ひらく 一年になりますように・・ (ガーベラ 毎日少しづつ 花が上を向いて開いてきたよ 満開の花近しだよ)      ああいいな せいせいするな    風が吹くし    農具はぴかぴか光っているし    山は ぼんやり    岩頸だって 岩鐘だって     みんな時間のないころの 夢をみているのだ  ...

クリスマスに遅れて

クリスマスの前に更新したいな・・と思っていたら 胃腸風邪?をひいてここ何日か 下痢やら 嘔吐やら 熱の痛みでヘロヘロになっていたよやっと 何とか復活したよ(もう 元気だよ~ ) お布団の中で しみじみと ご病気の方の辛さ・・ 苦しみを思ったよ・・  ずっと闘病されている方の痛みや・・苦しさが消失し ご快癒をされて 必ず お元気になられますように・・どうか お守りください ・・ 神様に 心からお祈りしたよ ...

鵯上戸の紅い実は

(何が何でも 人間の為に (自然) を使いたいのかな・・ 名古屋市相生山のこと 考えても答えが分からなくて・・ 森の生き物たちの気持ちが分かったらいいな・・なんて思うんだ・・)こんにちは ねこ眠り です。うっすらと 陽が射し始めるころ ・・  初冬の朝は 冴え冴えとして   ヒョッ キィー キィェー ギィェー   ヒヨドリたちの声が響いているよおぉ・・ けたたましい鵯たちは 何を想って叫んでいるのかな   ...

ちいさな ちいさな

こんにちは ねこ眠り です。強い風雨が吹き荒れて  赤く色んだ 山法師の実が落ちたよ・・  ころころと丸い実  「ふかふか土のクッションだな 」 って思ったかな   ソヨゴの赤い実は 「こんな風なんか平気だよ」 って言っていたかな葉っぱのそばで 小さな実ふんばって ぶんぶんと 揺れていたよ (山法師 春に白い花 秋の赤い実・・ 冬の前 暖かい土の上で眠るよ・・)   毎夜ごと、 白い雲も見えないほど 暗...

月の夜に・・

こんにちは ねこ眠り です。緑色に波打ちながら ゆさゆさ揺れていた 田んぼの稲穂が 秋陽の色を帯び 辺り一面 黄金色に広がる稲穂は 絨毯のよう ・・ 絨毯に飛び乗って 走ってみたいな・・ 繊毛が夕やけを透かしているよ  冬に眠り 春は芽吹き   夏は育ち 秋に実る 粒々の籾たちは 実なのか種なのか・・ おぉ・・ とにかく嬉しいな (秋明菊 今年も秋の優しい花色 咲いたよ 堂壇つつじも色づいてきたな)...

Menu

プロフィール

ねこ眠り

Author:ねこ眠り
花を育てるのが大好きです。
日々の生活の 楽しいこと嬉しいこと
見つけて大切にしたいな。
  

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム