猫額に風~~

風に吹かれて ふわふわり~ 花と日々の楽しみ綴ります

なめとこ山は・・

こんにちは ねこ眠り です。


晴れ渡る空と 地上の間を  風が音を鳴らして吹いているな

道端の吾亦紅や  背高泡立草の黄泡をぶんぶん揺らして


刈り取り前の稲の穂を  まるで心を揺るがす 波のように泳がせて

そんな 秋の風が 気持ちよくて  吹かれるままに見ていたよ



(6月に小さな白揺れていたそよご・・ 小粒の可愛い実をつけて 風にそよぐよ)
 161030そよご2

 
ニュースで 今年は熊が例年以上に 山から里に下りてくると・・
人間に出会ってしまった熊は 驚いただろうな  きっと お腹が空いていたんだな
熊に出会った人も 力の強い熊に・・ とても怖い思いをされたな

山の熊を想う時に  ふっと 思い出す話があるよ


      『なめとこ山の熊』   宮沢賢治 
  なめとこ山の熊のことなら おもしろい。 なめとこ山は大きな山だ。


読んだのは 昔に教科書か何かで・・ その時は 山の風景が目に浮かんで
ただ 何もしようのないのに 
           どうして 心に哀しみが 小さく沁みるのかも分からずに・・

そして 今だって 何もしようのない・・  何もわからないままだな 
  

小十郎は 「憎くて殺したのでねえんだぞ。」と 熊に言い

「おお小十郎おまえを殺すつもりはなかった。」と 熊が言う
「死ぬとき見る火だ。熊ども許せよ。」 小十郎は思った。

参の星が天の真ん中に来て もっと西に傾いても 
 黒いおおきなものたちは亡骸になった小十郎のそばにいて 

ずるい旦那さんは 胸も痛まず 熊にも食われない。
物語では 世界が進歩すると消えてなくなると書いてあるけれど 
思うよ  世界が どれほど進歩しても 消えてなくなりはしないかな って ・・ 


母親の熊が 小熊と話すよ。 「あれはねえ、ひきざくらのはな。」
小十郎は 胸がいっぱいになって・・ 読んでいて 胸がいっぱいになるよ

美しい 向こうの谷の白い雪のような ひきざくらのは こぶしのの古名
こぶしの白いが 雪のように谷に咲いているのが 見えるような気がするよ 



アネモネ こぼれ種 この秋の もう最後のひと 咲いていたよ また来年・・)
 161030アネモネ


21日から起きた 鳥取の地震のこと・・ ここ何年も 日本中で起きるから

報道慣れしていたような気持ちがあったな・・  いけなかったな

早く地震が終息して 被災された方々が 元の暮らしに戻られますように 

ねこ眠りに出来ることは 限られているけれど できることを・・
  


(夏の間は お休みしていたユリオプスデージー 秋の陽射しに元気になったね)
 161030ユリオプス

 
 161026ふう3

「 おかあしゃん・・ この羊さんは お友達だから 
              時々 ブンブン振り回したくなっても がまんするよ」

            
          うん そうだよ  フウの大切な ひつじさんだから 
                       一緒にねんねして 優しくしてあげてね




 「しっぽ天使といつも一緒!」さんの クラウドファンディング「READY FOR」
無事成功されました。(猫ちゃんに成り代わり 御礼を申し上げたい気持ちですにゃ  
ありがとうございますにゃ(=^・^=) まだ 一日あるので どうか お願いしますにゃ)

良かったな 嬉しいな・・  どうか 無事に建って 地域で暖かく見守られますように・・ 

   


拙いブログにいらして下さって ありがとうございます。
また もしよろしかったら ぜひ ・・   お待ちしています(*^-^*)


*Comment

Miyu さんへ♪ 

おはようございます(かな♪) Miyuさん♪
いらして下さって ありがとうございます(*^-^*)
 
ほんとうに そうですね・・

山に暮らす動物たちを追いやって 生きてゆけなくして・・ 
町に暮らす動物たちも「迷惑だ 餌をやるな!」と 
居場所を奪って センターでは殺処分・・ そして 一方で 
無理に繁殖させて 命を物として売る・・ 

人間だけの住みよい暮らしに 利益至上主義の豊かな生活
こんなことが 「当たり前」の感覚になっていることが
とても悲しいですね・・

熊に出会った人が イコール 山を開発した人というわけでは
ないので お怪我をされたり 亡くなられた方はお気の毒
ですが・・ 熊のせいではなく 人間全体の過ちのせいだと
思います。 それでも 殺されるのは 熊だというのが
可哀想で おかしなことですね・・    

でも 今日も お仕事に行かれれば Miyuさんの力を必要と
される沢山の人が待ってますね♪ いいなぁ・・あちこちで
モテモテMiyuさん♡(*^-^*)

  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.11/05 00:58分 
  • [Edit]

こんばんは 

熊やイノシシが山から下りて来ること、人間の害獣的扱いを受けること。
簡単に○められること。

それは、人間の犠牲になったからでしょう。
山を切り開き、思いのまま自分たちの生活を豊かにするため、自然を破壊したのでしょう。

確かに熊は、怖いです。
熊だって静かに生活出来たら、豊かな自然の中にいたら、人間に向かってくることはなかったと思います。

犬、猫を大量に○すのも人間です。
日本は、豊かで悲しいところです。
  • posted by Miyu 
  • URL 
  • 2016.11/04 20:30分 
  • [Edit]

森の妖精アイさんへ♪ 

はじめまして 森の妖精アイさん♪

ふと気がついて あっ!っと 嬉しくて こちらにも
リンクさせていただきました(*^-^*)

私も ご挨拶に・・と思いながら遅くなりました(^-^; 
どうぞ よろしくお願いいたします。
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.11/04 09:25分 
  • [Edit]

ありがとうございます 

初めまして
ごあいさつが遅れましたのに link貼っていただきありがとうございます
よろしくお願いいたします
  • posted by 森の妖精アイ 
  • URL 
  • 2016.11/04 02:21分 
  • [Edit]

鍵コメさんへ♪ 

こんにちは 鍵コメさん♪
わざわざこちらにも いらして下さって
ありがとうございます。 嬉しいです(*^-^*)

鍵コメさんご夫婦は いつも仲良しで ものすごくワンちゃんを
大切に可愛がって・・ワンちゃんも ものすごくパパとママが
大好きで・・いつも 記事を拝見させて頂いて ほんわか幸せな
気持ちになります。

ちょこんと頭に素敵な・・ほんとうに よく似合って とっても
可愛らしいです♡
ずっと 健康で元気で みんなで楽しくお出かけできますように・・

また おじゃまさせて下さいね(*^-^*)
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.11/03 22:44分 
  • [Edit]

Tatsuki さんへ♪ 

こんにちは Tatsukiさん♪
色々と大変な思いをされているのではないかと
案じています・・そんななかを こちらにまで
いらして下って ありがとうございます(*^-^*)

ほんとうに良かったですね♪ 猫舎が建つと思うと
ニャンコちゃんたちに成り代わり お礼が言いたい
気持ちにゃ♪  Tatsukiさんが 頑張られたおかげ
ですにゃ(=^・^=)

クリスマスまでとは 嬉しい目標ですが・・ どうか 
無理をされないように ご自身のお身体も大切にして下さいね(^-^;

これから先も 色々と大変なことがあるかも知れないですが
がんばって~!!と応援していますね(*^-^*)
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.11/03 22:16分 
  • [Edit]

まめはなのクーさんへ♪ 

クーさん♪ いらして下さって ありがとうございます(*^-^*)

私も 子供の時に「よだかの星」を読んで(教科書かなぁ?)
新美南吉の「ごんぎつね」と同じくらいに衝撃的でした。 
細かい部分は忘れてしまいましたが、子供心にも 色々と
考えて・・最後に星になったことが哀しくて、心に 何か
言いようのない思いが湧いてきたのを覚えています。
また 読んでみますね♪
   
クーさんの仰るように 子供の時に読んだ本は、細かい筋は
忘れても 心の中の埋火のように残るのだなぁ・・と思いました。

新美南吉の「狐」を 昨日の夜中に 初めて読んでみました(^-^;
最後のところで 泣いてしまいました・・

自然や 他の動物や人間同士・・クーさんのように 「心」を
大切にしてゆきたいな・・と・・
 
クラウドファンディング・・皆さんが 頑張って活動されている
のだなぁ・・と 私も少し勇気をもらいました(*^-^*)
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.11/03 11:58分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.11/03 10:34分 
  • [Edit]

応援頂き ありがとうございました。 

「しっぽ天使」のTatsukiです!
ご訪問が遅くなってしまい 大変申し訳ございませんでした。
皆さまの応援のお陰様で
「猫舎」建設に向けてのクラウドファンディング・ネクストゴールも
目標額を上回って成立することが出来ました。
拡散・呼び掛けを頂きましたこと・・・心から感謝致します。

「猫舎」完成を クリスマス頃を目標に全力で頑張ります!
野良ちゃんたちにも
今年のクリスマスは 温かい「猫舎」で迎えてもらいたいと願っています。
また 建設の進み具合や 野良ちゃんの保護など・・・進行状況を
随時 当方のブログやプロジェクトページでお知らせして行きますので
もう少しの間 どうか見守っていてやって下さい。
この度は 本当に心強い応援をありがとうございました。
「しっぽ天使のおうち」 管理人 Tatsuki
  • posted by Tatsuki 
  • URL 
  • 2016.11/02 16:54分 
  • [Edit]

かずさんへ♪ 

かずさん♪ いらして下さって ありがとうございます(*^-^*)

新美南吉の 子供心にも可哀想で衝撃的だった「ごんぎつね」 
読んだそのときには ほっこりした「てぶくろをかいに」や、
椋鳩十で あまりに悲しくて 大泣きした「マヤの一生」・・  
漠然と・・人も雁も生きるとは何だろうと思った「大造じいさんとガン」 
子供の頃のうっすらした記憶や、私も 娘の教科書で読んだりした
時を思い出して とても懐かしくなりました。

かずさんに 思い出させてもらって、題を覚えている物語を 
夜中に 幾つか読んでみました。そうしたら また 胸に ぐっと
くるものがあって 少し泣いたり しみじみと考えたりしました(^-^;

宮沢賢治「グスコーブドリの伝説」は アニメでも観たのですが
かずさんの仰るように ほんとう深くて哀しくて・・
 
この秋には 時間をみつけては 再読もして読書三昧したいなぁ・・(*^-^*) 
    
「本当はね おかあしゃんの目をぬすんで ブンブンしているけど
内緒だよ 楽しいよ かずしゃんになら貸してあげるよ♡」byフウ
 
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.11/02 10:37分 
  • [Edit]

NoTitle 

宮沢賢治は好きだったな…新見南吉も…

 私宮沢賢治の「ヨタカの星」、新見南吉の「狐」が好きですよ。
 子供の頃に、こんな本を読んでいてくれたなら、ことばを持たない動物とも心を通わせることができるオトナになれそうな気がします。

 今、悪しき個人主義の中で「心」は踏みにじられ、自己防衛策として「悪しき個人主義」が横行しているような気がしてなりません。

 クラウドファンディングで、ニャンズたちのお家が?みんな頑張っているのですね。私もできることを少しでも頑張らなくちゃ…そう思わせていただけたことで、少し勇気が出てきました。
  • posted by まめはなのクー 
  • URL 
  • 2016.11/02 01:40分 
  • [Edit]

ぬこさんへ♪ 

こんにちは ぬこさん♪
ぬこさんの言われるように 21世紀が「心の時代」で
あってほしいですね(*^-^*)

私も もうこんなに便利な暮らしになったので そろそろ 
欲張りすぎず 地球を壊しきらないように・・

自然保護や 人間以外の動物たちを守る方向へ 社会が向かって
いったら(医学や人助けの分野では 進歩が
必要な分野もあるのかな・・)いいなぁ・・と思っています(^-^;

俳句を詠むのは 難しいですね! 秋の心にピッタリの季語を
みつけて詠んでみようと思いましたが なかなか・・
でも あれこれ考えるのが楽しいですね♪(*^-^*)
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.11/02 00:39分 
  • [Edit]

NoTitle 

息子が小学生の頃の国語の教科書で読んだ、新実南吉の「ごんぎつね」や「てぶくろをかいに」には涙が出、椋鳩十の「大造じいさんとガン」には、狩りを生業にする人間と畏敬の念を抱かれるような雁との関係に複雑な気持ちになりなした。宮沢賢治は「グスコーブドリの伝説」を読みました。深くて哀しくて・・が感想です。
なめとこ山の熊は読んだことがないので、読んでみますね。
フウちゃんへ・・
 羊さんフワフワで気持ちよさそう~
 だいじにしてね~♡
  • posted by かずさん 
  • URL 
  • 2016.11/01 15:21分 
  • [Edit]

NoTitle 

世界が進歩するのはいいけれど
心が退化しては何にもなりませんね。
21世紀は「心の時代」であってほしいです。
便利とか楽とかスピードとか・・
これ以上特に私は望んでいないです。
  • posted by ぬこさん 
  • URL 
  • 2016.11/01 01:03分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ねこ眠り

Author:ねこ眠り
花を育てるのが大好きです。
日々の生活の 楽しいこと嬉しいこと
見つけて大切にしたいな。
  

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム