猫額に風~~

風に吹かれて ふわふわり~ 花と日々の楽しみ綴ります

ショパン 夜想曲第20番を・・ 

こんにちは ねこ眠り です。

どこからか 大きな声が ・・  ギャー キャー キィー ギィー  おぉ・・

あのやんちゃっ子は もうじき もっと日本の南へと 旅立つヒヨドリだな

なじみの雀っこは チュッチュ ジュッュッ チッチッ ひこばえの間を飛び交っているよ 

おしゃべり好きな鳥たちの声  ゆずり葉はらりと 枝から枝へと聴こえるよ 


鴉鷺合戦物語の鴉と鷺たちも さぞ 我こそはー って賑やかだったろうな  

最後は カラスの東市佐林真玄も サギの山城守津守正素も 
      高野山で仏門修行するよ    人間だけは いつまで戦争するのかな・・


(庭で何かしていると どこからともなく飛んで来て そばをウロウロかわいいよ)
 161112鳩


いつも仲良くして下さる くまねこくんサンが ご紹介された 『戦場のピアニスト』 

映画感想の記事を読ませて頂いて おぉ・・  とても観たくなったよ  

子供の時に読んだ 『アンネの日記』や 若い時に観た 『シンドラーのリスト』の後 
ホロコーストの悲惨さが哀しすぎて・・ 目を背け 観ようとしなかったけれど 

愚かな戦争と 恐ろしい人間の過ちは 未だ消えず 今も続いて・・

そして  大好きなショパンの曲 ピアノの奏でる音が聴きたくて 


ナチス・ドイツ軍が侵攻してきたポーランドに住む ユダヤ系ポーランド人
ピアニスト シュピルマンの弾く ショパンのメロディーが 哀しく美しくて
 
心に強く響いて また聴いた時 ・・ 泣き伏しそうになったよ

(ラジオ局 爆撃の中を弾き続けた 「ショパン 夜想曲第20番嬰ハ短調」)
ヤヌシュ・オレイニチャク演奏  演奏ピアノは ペレツィーナ
 



幸せに暮らしていた人々が  カフェで談笑することも 公園で座ることさえも許されず

ごく普通の市民権も財産も 命の尊厳も 人としての誇りも・・人権の全てを剥奪されて

居住地ゲットーに強制的に追いやられ  まるで小虫を殺すがごとく 惨めに殺され 

強制労働を強いられ そして 家畜運搬車で 死の絶滅収容所へと送られる
 
シュピルマンは 絶滅収容所行き列車に乗せられるのを逃れて・・  ・・


淡々と進む映像が真に迫って 身も心も 切なく凍るような気持ちがしたよ 

ドイツ軍将校ホーゼンフェルトに求められて弾く 「バラード第1番ト短調作品23」

激しくは感情を出さないシュピルマンの 心の内がピアノに・・

 

観終わっても 『あぁ・・ でも助かって良かった』 とは ・・ 喜べなかったよ

 あまりにも 悲惨な光景の 多くの無残な死に圧倒されてしまって・・  

ドイツ軍将校ホーゼンフェルトが 廃墟にあったピアノで演奏していた 
             ベートーヴェン ピアノソナタ第14番「月光」も 耳に・・  

(お隣さんが庭境に植えられた 皇帝ダリアが咲いたよ 綺麗なだな)
161120皇帝ダリア


ナチス・ドイツ軍は 「淘汰のプログラム」 作戦でユダヤ人以外の人たちも大量殺戮し
ドイツが降伏した後 逆に捕虜になったドイツ兵も 今度はソ連兵に殺され・・
  
カティンの森でのポーランド兵虐殺・・・  悲劇の序幕水晶の夜(クリスタル・ナハト)・・  
バビ・ヤールの谷や・・ドイツ占領下フランスでのヴェル・ディヴ事件「春の風」作戦  
    
もう ヨーロッパ中で繰り広げられた惨劇は 全てを知ることなど 到底出来ないほど・・
民族優越主義の恐ろしさ キリストの死とユダの裏切り ユダヤ人迫害の歴史の深さ
ユダヤ人が富むことへの憎しみ 搾取利益 ・・  正当化される愛国精神 
戦争で敵対しながらも反ユダヤ主義の列国  洗脳や民衆心理や 人間の残虐性


中世魔女狩りや スターリンやポル・ポト・・独裁者 黒人奴隷貿易 奴婢や貢女 
日本帝国がしたことや 落とされた原爆 ・・ 人類の歴史は 差別と惨劇の歴史だと・・


今も 世界のどこかで・・誰かが泣いている。  哀しみの歴史は終わらない・・


(最後のジニア  また来年も こぼれ種の 咲いてくれるかな 待ってるね) 
 161108ジニア


『黄色い星の子供たち』 ドイツ占領下 フランス ヴェル・ディヴ事件を描いた映画
『サラの鍵』  サラには どうしても収容所から逃げて帰らなければならない訳が・・
『縞模様のパジャマの少年』 ジョン・ボインの同名小説が原作 ふたりの少年は・・
『ソハの地下水道』  暗闇を逃げる・・  ユダヤ人を地下道にかくまった男・・
『カティンの森』  ナチス・ドイツとソ連の両方から侵略されるポーランドの悲劇・・
『さようならアドルフ』 ドイツが降伏 ナチス高官の父と母と別れて14歳の少女は・・
『戦火のナージャ』  『太陽に灼かれて』の続編 スターリンの粛清や戦争に・・
・・  ・・  ・・    
  なかなか時間がないから 時々だけど夜中に 観ていきたいな


映画だからオーバーなのではなくて きっと現実は、 映像には とても出来ない
なお残虐で 哀しい悲劇が繰り広げられたのだろう・・って思うよ 


ワイルドストロベリー四季なり 小さな白をつけて また咲いたよって 可愛いな)
 161123苺

人間は ( この命には価値がない) と思い込んだら 人間同士にでも 
 他の動物たちにも どんな残酷なことでも出来るな・・

国家も人も ( 儲けるため 繁栄のため)なら 他の悲しみや苦しみなど 
   想像すらしないで 取るに足らないことだと考えるから・・


(どこから種が飛んで来たのかな‥小石の中に小さな 見つけた時 嬉しくて・・)
 161123タゼ?


「奴らは 俺たちを絶滅させる気だ」 「それは そんなに長くかからないだろう」
シュピルマンと友人が話した、そのセリフの そのとおりだと思ったよ。 

ナチス・ドイツは 劣勢遺伝子(ナチスの決めた)をもつ人々を強制断種手術や 
餓死させようともしたけれど 時間がかかるので 銃殺やガス室に計画を変更 ・・ 



もしかしたら  今だって 他の動物に対する酷い仕打ちや いろんな差別や・・
当たり前だと 普通に思われていることが 実は とても残酷で冷酷で・・ 
人間の思想の根っこは変わりなく 同じにゃ ないかにゃ・・ そんなこと思ったよ        


ダリア  薄ピンク色の縁取り びらが幾重にひらひらとして 可愛らしいな)
 161106.jpg


でも ・・   人間は 不寛容で 恐ろしいこともするけれど それだけじゃあない

シュピルマンの仲間や 危険に晒されても助けてくれる人もいて 心が救われたよ。


( 映画化にクラウドファンディンされていた こうの史代 『この世界の片隅に』 
 昭和20年、広島 呉・・「わたしは ここで 生きている」公開  おぉ・・ 観たいな)


ビオラアリッサム 冬から春まで 雪降る季節も ずっと咲いてくれる・・)
 161123ビオラとアリッサム


もしも 地球のプログラムなんてあったなら  人間種が地球で増えすぎないように 
人間という動物は もともと愚かに作ってあるのかな・・  命を奪い合うよう

地球に増えすぎて迷惑なのは 野良猫ちゃんたちではなく
         どの動物よりも 縄張り争い好きの人間種 ・・ だからなのかな・・


   
外に出て  小さなを見つけて ほっと嬉しくて ふ~ぅ 息を吐いたよ  
風は 少し寒くて ここも もうすぐ雪が降るかな  山茶も じき咲くな  


 161109フウ
 
『おかあしゃん・・  もうじき 白くて冷たいのが降ってくるのか?
                      お空から ポッポポッポ降りてくるのか?』


       うん そうだよ  もうじき お空から ポッポポッポ降りてくるよ
                また一緒に 真っ白のふかふか雪んとこ 走ろうね


                        ・・  寒くなるから 暖かくしようね




  拙いブログにいらして下さって ありがとうございます。
もし またよろしかったら ぜひおこしくださいな。 お待ちしています(=^・^=) にゃ

                                            

*Comment

鍵コメさんへ♪ 

こんにちは 鍵コメさん♪
うっかりしていて お返事が遅くなって ごめんなさい。
こちらにもいらして下さって 嬉しいです(*^-^*)

素敵なブログの方の記事でのご紹介で おじゃまさせて頂きました♪ 
ママさんご家族さんのもと とっても幸せに いっそう可愛く
なって ほんとう良かったなぁ・・と他人(他犬(^-^;)ごととは 
思えないくらいに嬉しいです。

我が家のフウは、ズボラな私のせいで コームやクシを
見ただけで逃げまわってしまうボサボサトイプーなのですが・・
こちらこそ 仲良くしていただけたら とても嬉しいです♡
どうぞ よろしくお願いします(*^-^*)
 
鍵コメさん ありがとうございました♪♪
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.12/10 00:39分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.12/08 10:00分 
  • [Edit]

鍵コメさんへ♪ 

鍵コメさん 全然 何でも使って頂いてかまわないです。
逆に とても嬉しく思いました。
お気遣いを ありがとうございます(*^-^*)

名前も 全然 気にもなりませんでした。
あっと思ったのですが 何か そっちの方が良いような気がして
これもいいなぁ・・なんて気に入ってしまい 嬉しかったです。
かえって お知らせしようともせずに ごめんなさい(^-^;

喜んでいるので どうか 申し訳ないなんて思わないで下さいね。
これからもずっと 素敵な記事を拝読させて下さいね(*^-^*)
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.12/06 17:27分 
  • [Edit]

でんどう三輪車さんへ♪ 

こんにちは でんどう三輪車さん♪
心を打つ詩や俳句を ありがとうございます(*^-^*)

映画を観た後に いつまでも 哀しい切ない そして力強い
ピアノの旋律が心から消えなくて・・何とか 拙い文章の記事に
しました。 それを でんどう三輪車さんが心に沁みる詩や俳句に
して下さって ありがとうございます。

世界には まだ戦闘地域もあり 戦火は燃え続けていて
この平和な日本でも 世界の不穏な空気にのまれていくような
気がして・・ 世界中に 愚かな戦争がなくなることを願っています。
「木枯らしや 聴け戦場の ピアニスト」ですね!!  

6月に早苗の記事を書いてコメントを下さった時は 偶然に 
拙ブログの一周年記念日とフウの誕生日(6月13日)でしたが・・
今日12月6日も 実は 私の誕生日です(*^-^*)

偶然が重なって驚き・・ とても嬉しいお誕生日になりました。 
でんどう三輪車さん ほんとうに ありがとうございました♪♪
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.12/06 17:06分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.12/06 16:20分 
  • [Edit]

戦火の中で 

木枯らしや聴け戦場のピアニスト  
(こがらしや きけせんじょうの ぴあにすと)

木枯らし・凩 
(冬の季語)

 戦火の中で  いのうえ つとむ

戦車が轟音を立てて
街に侵攻してきた
ナチス・ドイツ軍だ
オーバーの中に
顔を隠すようにして
人々はみな逃げた

戦火の中で
ラジオからピアノが
聞こえてきた
・・ショパンの美しいメロディー
暗いポーランドの
星のない夜空に

弾き続けた
弾き続けた
悲しくも
力強いメロディーを
戦場のピアニスト 
ピアニストは シュピルマン

・・この感動を!
心の記録として書き留めておきたくまとめてみました。
詳しくは遊びきて読んでください。
有り難う!ございました。
  • posted by 走れ!でんどう三輪車 
  • URL 
  • 2016.12/06 10:57分 
  • [Edit]

でんどう三輪車さんへ♪ 

こんにちは でんどう三輪車さん♪
小石の中の小さな花をお調べ下さり・・いらして下さって 
ありがとうございます。 ものすごく嬉しいです(*^-^*)

ヒメツルソバ・・姫蔓蕎麦という名前なのですね♪
素敵な花ブログさんのところで この花を見かけたことが
あったのですが、つい怠けて調べてみませんでした(^-^;

姫蔓蕎麦という名前は ほんのりピンクの小さなお花に
ピッタリの名前ですね。 蕎麦のように強くて 姫のように
愛らしい花・・ とても可愛らしい花なので 風に乗って
種が飛んで来てくれて とても嬉しいです。

『この花の名前はなんていうの?』を また分からないお花が
あった時に ぜひ覗かせて下さい♪

でんどう三輪車さんのご親切が嬉しくて 心がふんわり幸せな
気持ちになりました。ありがとうございます(*^-^*)
 
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.12/06 08:07分 
  • [Edit]

小石の中の花 

何時もご訪問有り難うございます。
※ 小石の中の小さな花
この花がヒメツルソバのようです。
姫蔓蕎麦(ヒメツルソバ)ほんのりピンク色の花です。
『この花の名前はなんていうの?』は僕のリンクの中にあります。覗いてみてください。
  • posted by 走れ!でんどう三輪車 
  • URL 
  • 2016.12/04 21:28分 
  • [Edit]

くまねこくんサンへ♪ 

こんにちは くまねこくんサン♪
私も ほんの短い間だけ A型就労支援事業所のスタッフ
の仕事をしたことがあるので 介護とは違いますが 
少し くまねこくんサンのお気持ちが分かるような気がします・・

いつも 利用者さんに対して偉ぶった話し方や 失礼な態度に
ならないように気をつけていたのですが、 利用者さんが次々と
起こされる問題や 円滑に仕事を進めることに振り回されてしまい
・・ 気がつけば 内心では 障がい者の方に対して どこか
上から目線で見ていたのではないかと・・ 私という人間は 
立場を得ると心が変わるのだと 自身の未熟さを恥ずかしく思いました。

たまたま 先輩スタッフの皆さんは その仕事に対して 真摯で
熱心で優しい方ばかりでしたが、きっと そうではないスタッフの
いる事業所の方が多いのでは・・と思っています。

くまねこくんサンの職場でも色んな方がおみえなのですね・・ 
思いを持って きっと上手くこなされているとは思うけれど 
でも ガンバレ~くまねこくんサン!!って応援していますね(*^-^*)     

紀元前から続く争い パレスチナの問題・・悲劇を複雑にしてきた他国の
干渉が 終わりの見えない憎しみの連鎖を強めているような・・話し合いで
平和にならないかと願うのは 何もわからない おばさんだからでしょうか・・

私も 素敵な くまねこくんサンや 素敵な方たちに出会うことが出来て 
ほんとうに良かったと感謝感謝です♪ ありがとうございます(*^-^*)
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.12/02 20:06分 
  • [Edit]

鍵コメさんへ♪ 

こんにちは 鍵コメさん♪
うっかりしていて遅くなってしまったのに こちらにまで
お忙しいなかを いらして下さって嬉しいです(*^-^*)

自分の起こった不幸なことに拘らずに生きていくことは
ほんとう大切だと教えてくれていますね・・ いつも 
鍵コメさん家のワンちゃんが可愛くて そんなワンちゃんに
なったのは 鍵コメさんの愛情の賜物なんだなぁ・・って
思っています。
先住犬ワンちゃんも 後からきたワンちゃんを受け入れて
くれて とても優しいいい子ですね♪
ワンちゃんたちが 元気で ずっと長生きしてほしいですね・・
フウは 獣医さんでも この子は???と聞かれたワンちゃん
なのですが可愛いくて・・親バカです(^◇^)

鍵コメさん ありがとうございます(*^-^*)
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.12/01 10:25分 
  • [Edit]

でんどう三輪車さんへ♪ 

こんにちは でんどう三輪車さん♪
いらして下さって ありがとうございます(*^-^*)

いつも でんどう三輪車さんの書かれる俳句や詩を楽しみに
読ませて頂いています。 私も 思ったまま心のままを俳句や
詩にしていきたいなぁ・・と思っているのですが なかなか
思うのは楽しいのですが いざ書くのは難しいです(^-^;

平和に暮らせることが幸せなのだと・・まさに戦争を経験された
でんどう三輪車さんのお言葉が 胸に響きました。 
「人間の心に潜む悪と善 縁という相対にどちらかが顔を出す・・」
仏教の教えにも通じるところがあるのでしょうか・・ また
お教えいただけたら嬉しいです(*^-^*)

原爆保有が戦争の抑止力になるとは とても思えないので 
世界から 早く全ての原爆がなくなってほしいですね・・

寒くなってきましたので お風邪などひかれませんようホカホカに
温かくなさって下さいね♪ 私は とても寒がりなのでヒーター
にすがりついています(^◇^)
  
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.12/01 09:43分 
  • [Edit]

かずさんへ♪ 

かずさん♪ また 重い記事になってしまいましたが(^-^;
いらして下さって ありがとうございます(*^-^*)

私も、科学や医学や 社会のシステムなど 良くなったことも
あるけれど・・ 戦争と殺戮の歴史は繰り返し 少しも戦争の
ない世界へとは進歩せずに 武器の殺傷能力だけが進歩して
しまったような気がします。

かずさんの言われるように、戦争の狂気や悲惨さを知らない人が
増えて 経済を富ませることを第一に考えているリーダーばかりに
なって・・弱者を切り捨てた社会で格差は広がり 異質なものは
排斥して 他国とも利益の衝突があれば戦闘も厭わないような強気
な考えの人が増えてきて・・  ほんとう今の時代に 何ができる
のかと・・私も かずさんと同じに思ったりします・・

「火垂の墓」の野坂さんのことを以前にも かずさんと少し話題に
なったような気がして コメントを また読み直してみたのですが
見つけれませんでした(頂いたコメントに感謝の気持ちが また溢れ
ました(*^-^*)) 今の時代に警鐘を鳴らすことの出来る著名人が
順に亡くなられることは ほんとうに残念ですね・・

自分にも危険が及ぶかも知れないのに 杉原千畝は人道的な立派な人
だったですね。 かずさんはドキュメンタリーを観られたのですね♪
学校でも 今は教えてくれているのでしょうか・・
沢山の人の命を救った人がいることが 載っているといいなぁと思いました(*^-^*)
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.12/01 08:29分 
  • [Edit]

NoTitle 

ねこ眠りさん、こんばんは!読ませていただきました。ねこ眠りさんの気持ちがひしひしと伝わってきました。ここのところ思考停止でぼ~としていたのですが、ちょっと覚醒して(笑)人間の善と悪について改めて考えさせられました。このユダヤの不幸がまたパレスチナの悲しみにつながっていると思うとやりきれないですね。
身近なところでも、人と人とが本当に対等な関係をもつという事がいかに難しいか、福祉の仕事をしているとつくづく感じます。無意識のうちに相手(利用者さん)を上からの立場で見ている人のなんと多いことか…。ちょっとした言葉にそれを感じてしまうことがあります。そういう私はどうなのか、自信がないです。
意識的に自分を振り返らないと、知らず知らずに洗脳されていたり大事なものが見えなくなっていたり…。このネット社会もまた怖いです。これからどんな世の中が来るのだろうと。でもねこ眠りさん達、素敵な人たちと出会えたのもまたネットのおかげですね🎵
  • posted by くまねこくん 
  • URL 
  • 2016.11/30 23:51分 
  • [Edit]

ぬこさんへ♪ 

こんにちは ぬこさん♪
いらして下さって ありがとうございます(*^-^*)

愚かで悲しい人類の歴史は、 まさしく人間が 動物の
なかでも ずば抜けて 縄張り意識と強い攻撃性を持った
動物だということなのかなぁ・・と思ったりします。

なまじっか高い知能があるので どんどん高性能な武器を
考え出しては 理性を忘れ 殺戮行為をするので悲しくなります。
 
社会は良くなってきたことも多いけれど ぬこさんの
言われるように退化していっているのかも・・ 
悪の作為を持たない動物や 自然に学んで 生きてゆきたいですね・・
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.11/30 22:58分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.11/30 10:10分 
  • [Edit]

平和な時代 

何時もご訪問有り難うございます。
・・素晴らしい記事を拝読して、今更ながら平和に生活できることに感謝です。戦中戦後を過ごした少年時代・・生の戦争は恐ろしいものでした。人間の心に潜む悪と善・・縁という相対にどちらかが顔を出しますね。今もなお原爆が存在し世界は不安に戦いていますが、平和でありたいですね。ありがとうございました。
  • posted by 走れ!でんどう三輪車 
  • URL 
  • 2016.11/30 08:46分 
  • [Edit]

NoTitle 

深く読んでいくと世界の歴史は戦争と殺戮の繰り返し、人間はちっとも進歩していないと暗澹とした気持ちになります。
「シンドラーのリスト」は観た事がないのですが、ビザの発行で多数のユダヤ人を亡命させた「東洋のシンドラー」と呼ばれる杉原千畝のドキュメンタリーをテレビで見たことがあります。
「火垂の墓」の野坂さんも今の時代に警鐘を鳴らしていましたが逝かれてしまいましたね。
戦争の狂気・悲惨さを知らない人間が増え、強者の論理で弱者を切り捨てるようなリーダーが世界に増え、異質なものを排斥しようという空気が広まっている今の時代・・私はいったい何ができるのだろうと思ったりします。
  • posted by かずさん 
  • URL 
  • 2016.11/29 11:12分 
  • [Edit]

NoTitle 

人類の歴史はずっとそうでしたね。
愚かで悲しい。
だから学ばなければならないんですね。
動物に。
自然に。
人類は進化などしていなくて
むしろ退化しているように思えます。
  • posted by ぬこさん 
  • URL 
  • 2016.11/29 00:49分 
  • [Edit]

duck4 さんへ♪ 

こんにちは duck4さん♪
いらして下さって ありがとうございます(*^-^*)

そうなのです♪ いつも このキジバトさんが どこからともなく
飛んできて そばをチョコチョコと歩いているので可愛いです。
雀たちは 冬や夏とか 雑穀をねだってくれて・・あげたりしていますが
このキジバトさんには 何もしていないのに とても人懐っこいです。

duck4さんは 怪我をしたキジバトさんを 野生動物を保護治療して
いる病院に連れていかれたことがあるのですね。無事に治って
元気に飛べるようになりましたか・・?(^-^)

私も ショパンがポーランド出身だったのだと改めて しみじみと
思いました。フランスのショパンの墓地にも行かれたのですね!

ヨーロッパの国々が排他的にならずに 難民 移民の方々が受け入れて
もらえるといいのですが・・ でも外国人や移民の入国は とても
難しい問題なのですね。 ニュースをみると切なくなります・・

  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.11/28 12:47分 
  • [Edit]

ヤクモンさんへ♪ 

こんにちは ヤクモンさん♪
いらして下さって ありがとうございます(*^-^*)

仔猫ちゃんたちが正式に gifunotakaさんちの子になることが
決まって ほんとう良かったです♪♪
 
何のお力にもなれなくて ごめんなさいね・・
ヤクモンさんが ずっと 記事に載せ続けられていて、おじゃま
させて頂く度に気になっていました。

アンジュちゃんのことの後(今も) 私なりに すごく後悔したり 
いろいろ思うことがあって・・(◞‸◟)

でも gifunotakaさんからご連絡が 直接にヤクモンさんのところに
きちんとあって(心のキリ)が出来て・・ほんとう安心しました(^-^;
子猫ちゃんのこと・・さすが情に厚いヤクモンさんだと思いました。

役立たずの私のところにも ヤクモンさんがご連絡下さって嬉しかったです。
ありがとうございました(*^-^*)
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.11/27 23:26分 
  • [Edit]

まめはなのクーさんへ♪ 

こんにちは まめはなのクーさん♪
クーさんんも『この世界の片隅に』を観に行かれる予定ですか?
私も まだ 日にちは決めてないのですが 観てきますね(*^-^*)

クーさんが言われるように、世界に危ない不穏な空気が流れていて 
日本のリーダーたちは それに早く加わりたくてウズウズしているような・・

そして、NHKの会長は勿論 他の民放トップも 政府との結びつきが
強くなっていて、知らないうちに 国策に賛同するよう世論操作され 
少しづつ誘導されているのかも知れないです。  
  
「強い国づくり 豊かな国づくり」が、強い者が弱い者を守ること
ではなく・・強い者が 足手まといになる弱者を邪魔にして見捨てる
風潮になっていかないよう願っています。
まさしく ヒトラーの考えた、健康で優秀な優越民族アーリア人
だけがドイツには必要とし 障害者安楽死T4作戦(障がい者の方たち
を根絶させる)や 政策に反対する者や 劣等民族(ユダヤ人やロマ人や) 
を絶滅させようとしたことと 発想の根本が同じでないことを願います。

ユダヤ人の全財産搾取や武器商人や・・国も 戦争で儲けたい人も 
自分たちが繁栄することばかり考えて・・ 今の日本も 私たちを連れて
勝手に突っ走らないでほしいですね・・
ほんとう生きるために生まれてきたのに 戦争なんて 絶対にしては
いけないですね。

クーさん いらして下さって ありがとうございました(*^-^*)
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2016.11/27 22:58分 
  • [Edit]

NoTitle 

ねこ眠りさんへ

こんばんは!

キジバトさんが遊びに来たようですね!
昔は、山の中で棲息していたのですが、最近では、ヒトの生活圏に進出してきていますね!

duck4のところでもよく見かけます!一度、なにかに衝突したキジバトさんを野生動物を保護治療しているNPO法人の病院に持っていて治療してもらったことがあったので、とてもduck4にとっては思いいれのある鳥さんです!

ポーランドでは、ショパンは愛されていますよね!duck4は、パリにあるショパンの墓地へ行ったことがありました!

話は変りますが、最近、ヨーロッパも排他主義が蔓延していて、フランスやドイツも心配ですよね!寛容さを取り戻して欲しいのですが!v-519v-521
  • posted by duck4 
  • URL 
  • 2016.11/27 17:42分 
  • [Edit]

NoTitle 

ねこ眠りさん こんにちは~🎶

嬉しいことがありましたので、取り急ぎご報告です。

gifunotakaさんから連絡がありました。
ご家族のご了解も得られて、残りの4にゃんは、ご自身で飼われることにしたそうです。
4ニャンそろって幸せになれますね。

これまでのご協力に感謝です。
朝から嬉しくなっちゃいました(⌒・⌒)ルンルン♪
  • posted by 小泉ヤクモン 
  • URL 
  • 2016.11/27 10:56分 
  • [Edit]

NoTitle 

『この世界の片隅に』ぜひ見たいのですね。

 生きるために生まれた命は、誰のものでもなく自分自身のものです。すべての命が、どうしてそんな簡単なことも認められないのでしょうね。

 あの大戦でこの国は大切なことを学んだはずなのに、どうしたことかあの時代に引き戻そうとする力が強く働いています。

 誰かのための命ではなく、自分自身の命であることを忘れてしまったのでしょうか?
 強い者が勝つ時代はもうたくさんです。

 ナチスのユダヤ人迫害、最初は障碍者、不可逆的病人を排除し消し去ることから始まっています。「いらない無駄な命」と位置付けたナチス。大衆はそれを「仕方ない」「当然」と受け止め、要らないものを消し去ることに慣らされて行きました。

 そして最後にはユダヤ民族へ、さらにナチスの対抗勢力邪魔なものへと拡大させていったのですよね。

 今、この国の政治も、少しずつ格差、差別、戦争を力づくで不安をあおり、大衆を慣らし丸め込んでいるように感じます。

 このまま私たちはどこに連れて行かれるのだろうかと不安を感じます。
 だから声をあげて行かなくてはならないのだと思っています。

 たくさんの映画のご紹介、私も少しずつ観ていきたいな…
 
  • posted by まめはなのクー 
  • URL 
  • 2016.11/27 00:01分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ねこ眠り

Author:ねこ眠り
花を育てるのが大好きです。
日々の生活の 楽しいこと嬉しいこと
見つけて大切にしたいな。
  

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム