猫額に風~~

風に吹かれて ふわふわり~ 花と日々の楽しみ綴ります

この世界の片隅に・・

検診で ちょっと引っ掛かり 芋づる式に検査三昧を・・  おぉ・・(=^・^=)


こんにちは ねこ眠り です。

弱ったアヒルさんも 高圧線で怪我をしてしまう白鳥さんも 瀕死の猫ちゃんも 
むごい処分を待つワンちゃんたちも ・・ 小さな命の一つさえ 救えはしない ねこ眠り  


胸 に しみる 空の か がやき    今日も 遠 く な がめ  涙を なが す 
か な しく て 悲しくて   とて も  や り き れない  ・・


コトリンゴの歌う声を真似て ちいさく口ずさんだら 風に消えてしまったよ ・・ 


 
  (もし よかったら 聴き♪ ながら読んでやって下さいな)


どんな物語なのなぁ・・と 『この世界の片隅に』 を やっとこの間 観たよ
(観ようと思って まだの方は スル―して下さいな)

観た後にも余韻に浸りたくて 検索してみたら 多くの方が絶賛されていて
薄っぺらい反戦の正義をかざした映画ではない という意見もあったよ

おぉ・・ 人の心は自由だから ペラペラの反戦の・・  かざそうかな(=^・^=)


 170214水仙
 
 
沢山の かけがえのない命を奪った 戦争が終わって   
山の中腹から望む 遠く近くに広がる 戦争の傷跡の町に 

また 家々に 明るい灯りが ポッ ポッ  ・・  ポッ ポッ 点いていって

水仙のを 温かい灯りのようだと でんどう三輪車さん(つとむさん)
                                    (2月4日記事)
平和を想って 詠まれた俳句が そのままスクリーンに映っていたよ 


       水仙や 窓の灯かりの 温かさ     つとむ


世界中で  もう 紛争も戦争もない世の中に なってほしいな・・


 170215水仙3
 


映画を観る度に いつも ワクワクして 気持ちが惹かれるところは

心を奏でる素敵なメロディー と ストーリーを紡いでいく 色んな音色

それと  ・・ ひょっこり登場している生き物たち 鳥たちや トンボや ・・

エピソードを繋ぐ小さな道具たちと  空の色や 海の波 咲いているたちや・・

何となく耳に馴染む 方言も可愛らしくて 「 そうじゃけぇ ええ映画じゃったよ。」


ほんわかしたり  微笑ましく思ったり  さぞ辛いだろうな・・と胸が痛かったり・・

色んな想いが一杯に詰まっていて、 悲しいけれど  じ~んとしたよ


(ローダンセサム ピンク色が可愛いなぁ・・こんな色の絵 描いてみたいな)
 170214ローダンセサム


焼夷弾が落ちてくる時に すず が 「ここに絵の具があったら・・ 」って言った時

「焼夷弾は 恐ろしかったけど、 夜空に火が流れて 見上げた時に綺麗やったよ」
年の離れた長兄を 南方戦地で亡くした母が そう話してくれたのを思い出したよ

人間の心は 丈夫そうで弱くて 脆そうで強くて 

満開のが咲いているのに 目に入らない時もあれば 
恐ろしい地獄に咲くも あぁ・・美しいと 思う時もあるんだな


戦争が終わった時に湧き上がる気持ちは複雑で 人には人の思いがあったと・・


ガザニア 玄関が暖かいのかな・・ オレンジが緑の葉っぱに似合っているよ)
 170215ガーベラ



すず は (最後の一人になっても戦うんじゃあなかったのか)みたいに言って

まるで心の水鉢が割れて 水が零れるみたいに涙がこぼれて泣くよ

大切な人たちや・・ 絵を描くことも・・失って 歪んでしまった世界
やりきれない悲しみと どこにもぶつけようのない怒り‥

戦争を始めるという 「覚悟」  負けて終わるという 「覚悟」 ・・


 170215.jpg


でも 思ったよ

最後の一人になんかならずに 戦争は終わって良かったと

最後の一人になるまでには 相手だって何人も何人も死ぬのだと思ったよ


「正義」を通すことは どこまでも 戦い続けることじゃあない気がするよ・・  

人間が どの国の食べ物でできていたって それでいいのだと・・

「暴力」に負けないことは 時には降伏して こちらも「暴力」を止めること

そんなこと 思ったよ


何が良かったのか?と 泣いていた すず も すぐに また
過ぎてゆく 日々の日常に戻って 時の流れの中を生きていくよ・・


イベリス 白いびらが小さな羽根のよう・・お屋さんからの白来たよ)
 170215イベリス


映画の中で 姪っ子の晴美ちゃんが 可愛くて 誇らしげに軍艦を紹介しているよ

だけど 軍艦は 楽しい遊覧船ではなくて 人を殺すための恐ろしい兵器だから 

どんな素晴らしい技術を持っていても、 人殺しの道具だったのだ と・・


そんなことを思ったりしないことが あの時代の 「普通」 だったのだな 

自分の大切な人たちが死んだら悲しいのに   
「敵」だと教えられた人たちなら 死んでもかまわないのが 「普通」 だったのだな


ずっと忘れてはいけない  今なら 「違う」 と言わなくてはいけない・・ って思ったよ
 
 
撃てば 必ず相手が傷つき きっと相手にも心配している人が泣いていて 

命がけで殺した相手にも 笑ったり 勉強したり 夢があったり 愛する人がいて・・ 


きっと 愛する人を守ることは ただ相手をやっつけることではないはず・・ 


スノードロップ この間 2ミリ位の芽を出していたね 小さな白可愛らしいな・・)
 170215スノードロップ


すず と周作の出会いから また橋の上で・・ずっと 愛おしい想いが溢れていたよ 
 
若い(若くなくても)ご夫婦で観られたら そっと手を繋ぎたくなる映画かな 


「この世界の片隅に うちを ・・ 」   おぉ・・  うん   そっかぁ ・・ (=^・^=)

 
 おかあしゃんも あくびの風ちゃん みっけ
 170216フウ

 「おかあしゃん ペラペラの反戦の・・  書いたのか? 」

 
              うん  ひらひらと 風に飛んでいっちゃうかな

               
                                
            
この世界の片隅に・・
こんな拙いブログを見つけて いらして下さって ありがとうございました。にゃ
もし よろしかったら ぜひまた おこし下さいな。 お待ちしています(*^-^*) 



去年の震災の後・・ まだ修理前のブルーシートの屋根にも大雪が
降って なお大変な思いをされているのでは・・ 
どうか もう 雪の被害がありませんように・・  

*Comment

鍵コメさんへ♪ 

こんにちは 鍵コメさん♪
いらして下さって ありがとうございます(*^-^*)

もう今日は お出かけされているのですね・・よしっ
送りますよぉー ぉ - ぉぅ-!!! 
もう これからは安心だと思うと スッキリされますね(^-^)v

鍵コメさんのパワーある行動力を見習って 私も色んなことを
楽しんでテキパキと行動できるようになろうと思うようになりました。
すぐに ボケボケとしてしまって 難しいので頑張ります。

鍵コメさん♪ ありがとうございます(*^-^*)
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2017.02/27 09:53分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.02/26 17:36分 
  • [Edit]

鍵コメさんへ♪ 

こんにちは 鍵コメさん♪
お忙しい鍵コメさんに かえって お世話を
かけてしまって ごめんなさい。  
いらして下さって ありがとうございます(*^-^*)

おかしな変換・・あるあるですね! 私も よく変な
変換してしまうので 笑われているのですが・・(^-^;

聞くだけで悲しくなるような話が ほんとう沢山あって
胸が痛くなりますね・・  

またネ♪(^◇^) 
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2017.02/23 20:29分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.02/23 01:02分 
  • [Edit]

鍵コメさんへ♪ 

こんにちは 鍵コメさん♪
いらして下さって ありがとうございます(*^-^*)

貴ブログに♪ お返事に おじゃまさせて下さいね(^-^;
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2017.02/23 00:04分 
  • [Edit]

そらママさんへ♪ 

こんにちは そらママさん♪
いらして下さって ありがとうございます(*^-^*)
穏やかに眠る そらさんとお月さまの姿を じぃ~ 
っと・・ 私も癒されました。  

そらママさんは どなたかの(前日の記事で ワンちゃん
かなぁ・・と思いました)旅立ちに悲しまれていたのですね・・
お別れは いつも 悲しくて・・ 
そっと 心を撫でてくれる優しいお月さまだったのですね(^-^)v

そらママさんは お若いので大丈夫!とはいえ 若いうちから
日々、「医食同源」を気にかけることが 将来のために 本当に
とても大切なのです!!(声を大にしています(^-^;)
そらちゃんも そらママさんも健康が一番ですネ

私こそ ありがとう♪(*^-^*)
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2017.02/22 21:02分 
  • [Edit]

鍵コメさんへ♪ 

こんにちは 鍵コメさん♪
いらして下さって ありがとうございます(*^-^*)

貴ブログに♪ お返事に おじゃまさせて下さいね(^-^;
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2017.02/22 20:04分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.02/22 01:51分 
  • [Edit]

NoTitle 

ねこ眠りさん、こんばんは^^
お月さま、褒めてくれてありがとう^^
あの朝は、悲しみでいっぱいだった心を
そっと撫でてくれたような不思議な月でした^^
それと、私の身体を心配してくださって
大変恐縮しております
医食同源、本当に大事なことですね
この子たちのためにも健康でいませんとね^^
ねこ眠りさん、本当にありがとう^^
  • posted by そらママ 
  • URL 
  • 2017.02/21 18:58分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.02/21 14:54分 
  • [Edit]

ぬこさんへ♪ 

こんにちは ぬこさん♪
いらして下さって ありがとうございます(*^-^*)

フォーク・クルセダーズが原曲なのですね♪
YouTubeで楽曲を探した時に 何人かの人が歌っていて
一番に昔のような気がしたので 原曲なのかな??と
分からずにいましたが そうだったのですね♪ 
フォークソングの始まり頃なのですか?ぬこさんの言われる
イメージがピッタリです!
ゆったりしたテンポがよくて 最近よく口ずさんでいます(^-^;

戦争的なことが 社会から無くなることはないけれど
悲しい現実を 悲しいと思うところからが 前に進む出発点・・
なのですね(*^-^*)
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2017.02/17 23:24分 
  • [Edit]

鍵コメさんへ♪ 

こんにちは 鍵コメさん♪
いらして下さって ありがとうございます(*^-^*)

鍵コメさんも観てこられたのですね♪ あの時代を生きた年代の
方たちに思いを馳せれる映画でしたネ

鍵コメさんの言われるように、何もかも「戦争」に奪われながらも
時代の流れに逆らうことのできない・・逆らう思想もコントロール
されてしまっていた恐ろしい時代だったのですね。
日々の暮らしは 皆で工夫したり 助け合ったり・・人として ごく
普通に生きていたのに 大きな社会の歯車が狂っていたような気が・・

そして 鍵コメさんが危惧されるように、今もまた 流れが起きて
きているのかも・・ 誰もが 気がつかないうちに また 少しづつ
コントロールされていっていないか 考えなければいけないのかも
知れないのですね・・  
軍艦やゼロ戦を ロマンや 哀しい美談のように扱う番組を観たり
すると戦争思想が続いている恐ろしさを思うことがあります。

私も原作が読んでみたいなぁ・・と思っています♪ 割れた口紅や 
リンドウの お茶碗にも 花街のリンさんとの繋がりや ところどころに
原作とは 違うところがあるそうなので 読んでみたいですネ(^◇^)    
  • posted by ねこ眠り 
  • URL 
  • 2017.02/17 17:30分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは
「悲しくてやりきれない」は
フォーク・クルセダーズが原曲ですね。
理想と現実のギャップと闘って、少し疲れた若者の心境を
私はイメージしています。
日本は70年ものあいだ、戦争をしていないけれど
”戦争的”な事は、日常でいくらでもありますよね。
ひどい目にあうのはいつも”弱い者”
悲しい現実ですね。
でも、悲しいと思う気持ちがあるなら
それが出発点だとしても
前に進める気がします。
時間はかかるかも知れませんが・・・
  • posted by ぬこさん 
  • URL 
  • 2017.02/17 00:50分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.02/16 16:03分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ねこ眠り

Author:ねこ眠り
花を育てるのが大好きです。
日々の生活の 楽しいこと嬉しいこと
見つけて大切にしたいな。
  

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム